記事の詳細

人間の髪の毛にはヘアーサイクルがあります。

髪の美容を考えるうえで、このサイクルに注意を払うことは非常に大切です。

これが乱れると、薄毛になってしまう可能性があるからです。

ヘアーサイクルは成長期、退行期、休止期、成長期と言う流れになっています。

【成長期】髪が毛乳頭から栄養を受け取って成長します。
 
【退行期】髪の毛に栄養が届かなくなり、毛母細胞の分裂が衰えていきます。
 
【休止期】毛母細胞の活動が止まっています。
 
【成長期】

ヘアーサイクルが正常である限り、薄毛にはなりません。しかし、さまざまな理由で乱れてしまいます。

男性の場合で多いのはホルモンの影響です。ご存知のように男性ホルモンが強く働きすぎると、髪の毛の成長は止まります。

男性ホルモンは髪の成長のもとになるたんぱく質の合成を阻害したり、皮脂の分泌を増やし過ぎて毛穴を詰まらせるのです。

その結果薄毛になります。ホルモンが特に強く働くのは前頭部と頭頂部です。側頭部や後頭部は影響を受けません。

生活習慣や精神的なストレスでもヘアーサイクルは乱れます。特に栄養のバランスが崩れると髪の美容に悪い影響を与えます。

ヘアーサイクルを正常に保つにはストレスを避けて、食生活に注意しなければなりません。

男性ホルモンの働きを抑えるには特定の食べ物が役立ちます。

緑茶やアロエには男性ホルモンを抑制する働きがあると言われています。毎日の生活の中に緑茶を取り入れてみましょう。

緑茶は心をリラックスさせる働きもあるので、美容だけではなくストレスにも有効です。

関連記事

ページ上部へ戻る