記事の詳細

男性で髪の毛の美容に関心のある方は、男性ホルモンと薄毛の関係をご存知だと思います。一言で言えば、男性ホルモンが働きすぎることによって薄毛が起こってしまうのです。

男性ホルモンには筋肉を増強させる、アグレッシブな思考を高めると言った役立つ働きもあるのですが、髪の美容にマイナスに働く面があるのです。

なぜ男性ホルモンは薄毛を作り出してしまうのでしょうか。

男性ホルモンの一種にテストステロンと呼ばれるものがあります。テストステロンは皮脂の分泌や毛母細胞の分裂などを促す力を持っています。

このホルモンが髪にあるリダクターゼという還元要素により活性化されると、5α-DHTと呼ばれる強力な男性ホルモンを作り出します。

5α-DHTは髪のもとになるたんぱく質の合成を阻害したり、皮脂の分泌を必要以上に増やして毛穴を詰まらせたりします。これらのことによって薄毛が起こります。

ご存知のように、男性も女性ホルモンを持っています。女性ホルモンは髪の毛が成長し続ける期間を長くする働きがあります。

つまり髪の美容と薄毛予防に役立つのです。それなら女性ホルモンを体内に入れたら、薄毛をなおせると思われるかもしれません。

しかしそれほど単純なものではなく、人工的に女性ホルモンを体内に入れるとホルモンバランスが崩れて、健康が損なわれてしまいます。

男性ホルモンを抑制する良い方法はないのでしょうか。

大豆イソフラボンと呼ばれる成分は男性ホルモンの働きを抑える力があると言われています。大豆イソフラボンは納豆や豆腐などに多く含まれています。

大豆は健康維持にも役立つ食品ですので、気になる方は積極的に摂取するのが良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る