育毛剤を使うときに知っておきたいこと|育毛剤に副作用はあるの?

育毛剤は抜け毛や薄毛の改善に役立ちます。髪の毛の健康や美容に気を使う男性には有難いアイテムですが、副作用が出ることがあるので注意が必要です。

副作用が出る育毛剤の代表格は飲む薬剤です。薬を飲むことによって男性ホルモンの働きを抑制して毛母細胞の働きを活発にするのですが、体の不調が起こることがあります。

具体的には頭痛や腹痛、下痢、性欲の減退や勃起不全などが起こります。ただしその頻度は2%以下であり、副作用のことをそれほど心配する必要はありません。

育毛剤に含まれている薬用成分によって、副作用が起こることもあります。

特に多いのは頭皮のかゆみです。このかゆみは非常に強いもので、我慢するのが難しいことがあります。

他にも頭痛やめまい、低血圧、体のしびれやむくみ、発疹などといった副作用が起こることがあります。

症状がやや強いのがこのタイプの副作用の特徴です。これまであげた副作用が出てしまった時には、すぐに使用を中止して医師に相談するようにしましょう。

薄毛や抜け毛を防ぐ髪の美容も大切ですが、体の健康の方がもっと大切です。

育毛剤には外国製のものもあります。日本製のものにくらべて、美容上の効果は高く薄毛や抜け毛の改善に役立つのですが、副作用が出やすいと言われています。

特に飲む育毛剤では副作用が出やすくなっています。日本人の体質に合わない面があったり日本人には少し効果が強すぎる面もあります。そういったものを使うときは、医師に相談したほうが良いでしょう。

日本で作られたものは外国製より使いやすいですが、100%安全というわけではありません。使用するときには、説明書にある使用する量や回数をきちんと守るようにしましょう。