薄毛・抜け毛男性の必須アイテム「育毛剤」はホントに効果があるの?

薄毛や抜け毛に悩む男性にとって育毛剤は心強いアイテムです。薄毛や抜け毛がそれほどひどくない方でも、髪の美容と健康のために育毛剤を使おうと思われるかもしれません。

使用者の90%以上が効果を実感と広告している育毛剤もありますが、実際はどうなっているのでしょうか。

全ての育毛剤が科学的な根拠に基づいて作られています。

例えば、皮脂の分泌が多すぎて起こる抜け毛や薄毛用のものは、皮脂の分泌を抑制する成分が配合されています。その成分が使った人に合えば、髪の美容に役立ち、髪の毛の状態は改善するでしょう。

ただし育毛剤も万能ではありません。効果が出なかったり、副作用が出ることがあります。

ご自分の髪の毛の性質や体質に合ったものを選ぶことが重要になります。髪の毛の性質は人によって違いがあります。

脂質が多くて髪がべたついている方や頭皮が乾燥しすぎている方などいろいろです。ノーマルな髪質の方もいますし、アトピー性皮膚炎が頭皮の部分に出ている方もいます。

ご自分の髪の毛の質や頭皮の状態は良く調べてから使うようにすれば、薄毛や抜け毛を防ぐ育毛剤の美容上の効果を期待できます。

育毛剤には2つの種類があります。内服するものと頭皮に直接つけるものです。

この2つでは内服するものの方が美容上の効果が高いと言われています。薄毛や抜け毛も治ります。

副作用が出ることもあるのですが、その頻度は小さいので使ってみる価値はあります。

内服するものの実際の効果は半年で50%程度、3年で80%程度と言われています。髪の毛が増えるだけでなく、髪質が向上することも確認されています。