メンズBBクリームの選び方&おすすめランキング|肌色・肌悩み別アイテム

メンズBBクリームの選び方&おすすめランキング

ニキビ跡や毛穴、目元のクマなどの肌悩みを解決してくれ、簡単に肌の印象をアップできることから、男性の中にも使用者が増えてきている「メンズBBクリーム」。

特に男性の場合は、青ヒゲが気になる方も多く、身だしなみの一つとして、BBクリームを使って隠す方も増えてきました。

さっと一塗りするだけで、気になるコンプレックスを隠して、印象アップができるBBクリームですが、実際に購入しようとすると、種類も多く、どれが自分に合っているのか分からないとお困りの方も多いようです。

今回は、メンズBBクリーム特集として、

  • メンズBBクリームとは
  • メンズBBクリームの選び方
  • おすすめメンズBBクリーム
  • メンズBBクリームの使い方

など、メンズBBクリームを選ぶうえで知っておきたい基礎的な情報からおすすめアイテムなど、はじめてBBクリームを選ぶ方にもわかりやすくご紹介します。

メンズBBクリームを使ってみようとお考えの方は、是非参考にしてみてください。

メンズBBクリームとは

メンズBBクリームとは

BBクリームの「BB」は「Blemish Balm(ブレミッシュバーム)」の略で、Blemish(傷)を修復するBalm(軟膏)という意味です。

元々はその名のとおり傷隠しやピーリング跡をケアするクリームとして処方されていましたが、その後、ファンデーション・コンシーラー・美容液・日焼け止めなどの機能をもったオールインワン化粧品として進化してきました。

ファンデーションのようなベースメイクも不要で、簡単に肌悩みをカバーしながらスキンケアもできます。BBクリーム一つだけで仕上げられるので、メイクに不慣れな男性でも日常使いできるのが特徴です。

メンズBBクリームの効果

  • ニキビ跡や毛穴、クマなど肌悩みをカバー
  • 肌のトーンを整え表情の印象をアップ
  • 紫外線カット・保湿などスキンケア効果

男性用と女性用BBクリームに違いはある?

BBクリームの主な成分自体は、男性用と女性用に大きな違いはありませんが、傾向として、メンズBBクリームは、男性の肌色に合わせて設計されているため、女性用に比べると少し色が濃いめに販売されているものが一般的です。

また男性は女性に比べ皮脂や汗の分泌量が多いこともあり、脂分でテカったりよれたりするのを防ぐために、皮脂吸着パウダーが配合されたりするなど、崩れにくい配合になっています。

男性特有の青ひげ対策として色味も工夫されているものも多く、最初はメンズBBクリームから自分に合ったものを選ぶのが無難です。

メンズBBクリームの失敗しない選び方

メンズBBクリームといっても数多く販売されていて、初めて購入するときには、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。

それではメンズBBクリームは、どのような点に注目して選ぶのがよいのでしょうか?

BBクリームを選ぶときの3つのポイントをご紹介します。ポイントに注意しながら選んでいただければ、大きく外してしまう失敗をすることなく自分に合ったBBクリームに出会えるはずです。

ポイント①肌色に合わせて選ぶ

メンズBBクリームのカラー選び

男性がメイクをするときにまず気になるのが「塗りバレ」ではないでしょうか。

自分の肌色に合っていないBBクリームを選んでしまうと、白浮きしてしまったり、逆に顔が暗くくすんでしまったり。違和感が大きいと塗っていることがバレやすくなってしまいます。

肌の色は人によって異なるため、自分の肌色に合わせてBBクリームを選ぶことが重要です。自分の肌色に合ったものを選ぶことで違和感なくナチュラルに肌に馴染ませることができます。

メンズBBクリームは、標準的な男性の肌色に合わせて作られているので、多少肌色が明るい方や暗い方でも問題なく使うことができますが、色白・色黒の方はライト設計またはダーク設定のあるBBクリームから選んだ方が安心です。

店舗でテスターなどで試せれば一番いいですが、幅広い商品をテストできるところは多くないと思います。通販などで購入するときや選ぶ色で迷ったときは、少し暗め・濃いめ寄りのカラーを選んでおくのがおすすめです。

ポイント②期待する効果で選ぶ

フィトグラムBBクリームでシミが隠せる?

二つ目のポイントは、BBクリームにどのような効果を求めているか。

メンズBBクリームもいろいろありますが、商品によって期待できる効果には違いがあります。

BBクリームにどのような効果を求めるかによって必要なカバー力や機能も異なってきます。

ニキビ跡や濃いシミをカバーしたい方であればカバー力の高いBBクリームが必要になりますし、顔色を整えたい・印象アップさせたいだけという方にはカバー力の高いBBクリームは不要です。

青ひげをカバーしたい方には、青の色味を打ち消す補色となるオレンジ色系のBBクリームが効果的です。

また肌質によっても選び方は変わってきます。

ほかの化粧品でも同じような選び方になりますが、乾燥肌の方には保湿成分、脂性肌の方には皮脂吸着成分が配合されているBBクリームがおすすめ。敏感肌の方は刺激の強い添加物が配合されていないものを選ぶと安心です。

ニキビができやすい方には、グリチルリチン酸2Kやサリチル酸など抗炎症作用の期待できる成分が配合されているBBクリームがおすすめです。

ポイント③クレンジングの要否で選ぶ

洗顔する男性

BBクリームの中には、塗ったクリームを落とすときにクレンジング(メイク落とし)が必要なものと洗顔だけで落とせるものがあります。

男性はクレンジングに馴染みのない方が多いこともあり、メンズBBクリームは洗顔だけで落とせるものが多いですが、中にはクレンジングが必要なものもありますので、購入前によくチェックしましょう。

おすすめメンズBBクリーム

それでは選び方のポイントも踏まえて、おすすめのメンズBBクリームをご紹介します。

ZIGEN プロテクションBBクリーム

ZIGEN プロテクションBBクリーム ZIGEN プロテクションBBクリームの評価

オールインワンジェルなどメンズ雑誌でもよく見かけるZIGENから発売されているメンズBBクリーム。塗りバレしないナチュラルなBBクリームをお探しならコレ!

伸びのよいクリームで、すっと伸びてナチュラルに肌に馴染みます。塗った後はテカリを抑えつつ、ツヤのある肌に仕上がります。粉やダマにもならず非常に使いやすいです。

実際に使ってみた一番の印象は、とにかく「自然」。女性に顔を近づけて見てもらっても塗っているか塗っていないか分からないくらいの自然さなので、メイク初心者の男性でも安心して使えると思います。

カバー力はやや控えめで、濃いシミやニキビ跡など強い凸凹を完全に隠すのは難しいですが、クマや赤み・青ひげなどは薄くすることができ、顔全体のトーンを簡単に整えて印象アップできます。

高いUVカット機能に加えて、ブルーライトカット機能で肌老化を予防でき、またZIGENらしくセラミドなどの保湿成分や整肌成分も配合されているので、スキンケアクリームとしての機能も高いのもポイントです。

ウォータープルーフなので汗や水にも強く、朝塗れば夕方まで崩れなく持ってくれます。

肌悩みを目立たなくして自然な感じで顔の印象アップさせたい方やBBクリーム初心者には是非おすすめしたいBBクリームです。

反面、カバー力は抑え気味なので、濃いシミを隠したい方や凸凹を目立たなくしたいといった肌悩みの深い方は、カバー力の高いBBクリームやコンシーラーを選んでいただいたほうがよいです。

容量30g
カラーバリエーション1色
クレンジング要否洗顔のみでOK
UVカット機能SPF40、PA+++

合わせやすい肌色

ZIGEN プロテクションBBクリームに合う肌色

ほとんどの肌色の方に合わせやすいと思いますが、色白・色黒の方は避けた方が無難です。

\公式サイトで割引クーポン発行中です/

塗りバレしたくない方には絶対おすすめです!

フィトグラムBBクリーム

フィトグラムBBクリーム フィトグラムBBクリームの評価

メンズスキンケアブランド「PHYTOGRAM(フィトグラム)」から発売されている、メイクアップアーティスト小椋ケンイチ(おぐねぇー)さんプロデュースのメンズBBクリーム。

ふんわりとしたスフレのような独特なテクスチャーで、仕上がりはかなりマット。皮脂吸着パウダーが配合されていて塗り心地はサラサラで、皮脂の分泌が多い男性でもテカリをしっかり抑えられます

カバー力はメンズBBクリームの中でもトップクラス。ちょっとしたコンシーラーのように、シミやクマから青ひげまでしっかり肌悩みをカバーできます。

反面、ツヤ系BBクリームと比べると自然さは弱く、厚塗りすると少し化粧感が出てしまう場合があります。またマット感強めなのでシワや肌の凸凹はやや目立ちやすいです。

男性用BBクリームには珍しく3色のカラーが設定されているのも特徴です。3色で幅広く選べるので、色白の人でも色黒の人でも自分の肌色に合わせて選ぶことができます。

ウォータープルーフはついていませんが、水や汗にもわりと強いです。こすれると少しパウダーの粉が出やすいですが、朝塗って夕方まで崩れることはありませんでした。

高いカバー力で肌悩みを隠したい方、テカリをしっかり抑えたい方、他のBBクリームでは肌色が合わなかった方におすすめのBBクリームです。

容量30g
カラーバリエーション3色(ライト、ミディアム、ダーク)
クレンジング要否洗顔のみでOK
UVカット機能SPF15、PA+

合わせやすい肌色

フィトグラムBBクリームに合った肌色

3色設定でどんな肌色の方でも合わせやすいです。

ルオモ マットキープBBクリーム

ルオモ マットキープBBクリーム ルオモ マットキープBBクリームの評価

メンズコスメブランド「L’UOMO(ルオモ)」から販売されているメンズBBクリーム。

伸ばしやすいクリームで自然に馴染みます。皮脂吸着パウダーが配合されており、マットな感じではありませんが、テカリがしっかり抑えられ、適度なツヤ感が出ます。塗った後もベタつかずサラサラがキープします。

シミや青ひげなどのカバー力もあり、適度なツヤ感が毛穴や肌のちょっとした凸凹なども目立ちにくくしてくれます。

際立ったポイントはありませんが、安定したカバー力や自然な仕上がりなど、バランスの取れたメンズBBクリームで、誰にでも使いやすいと思います。保湿成分や肌荒れ防止成分も配合されていてスキンケアにも役立ちます。

ただし、紫外線吸収剤やパラベン(保存料)が使用されており、肌への刺激が気になる方は注意が必要です。またクリームを落とすときはクレンジングが必要です。

容量25g
カラーバリエーション1色
クレンジング要否クレンジングが必要
UVカット機能SPF35、PA++

合わせやすい肌色

ルオモ マットキープBBクリームに合った肌色

ほとんどの肌色の方に合わせやすいと思いますが、色白・色黒の方は避けた方が無難です。

NULL BBクリーム

NULL BBクリーム NULL BBクリームの評価

メンズコスメブランド「NULL」から販売されているメンズBBクリーム。

メンズBBクリームのパイオニアのような存在で、amazonでもベストセラー1位を獲得する、多くの男性から支持されるBBクリームです。

クリームは軽いテクスチャーで適度に伸びます。さらっと塗れて自然なツヤ感ですが、仕上がりはややベタついた印象もあり、脂性肌の方はちょっとテカリが出てしまうかもしれません。

カバー力もわりと高く、シミやクマなどちょっとした肌悩みはカバーできます。青色の保護色となるオレンジの色味が強いので、青ひげも隠しやすいクリームです。

ただ、やや独特なオレンジの色味で少し濃いめのクリームなので、人によっては暗く見えたり、化粧感が出てしまうかもしれません。

ニキビケアに効果的なサリチル酸、エイジングケアに効果的なカンゾウ根エキスなどのオーガニックエキスも配合され、スキンケアクリームとしての機能が高い点にも注目です。

クリームを落とすときはクレンジングが必要です。

容量20g
カラーバリエーション1色
クレンジング要否クレンジングが必要
UVカット機能SPF30、PA++

合わせやすい肌色

NULL BBクリームに合った肌色

標準的な肌色であれば合うと思いますが、やや濃いめ寄りです。

石澤研究所 ベジボーイBBクリーム

石澤研究所 ベジボーイBBクリーム 石澤研究所 ベジボーイBBクリームの評価

化粧品メーカーの石澤研究所の男性用コスメブランド「ベジボーイ」から販売されているメンズBBクリーム。

メンズBBクリームでは古くから販売されており、長年の愛用者も多いBBクリームです。

皮脂吸着パウダーが配合され、皮脂の多い男性でもテカリをしっかり抑えることができます。

匂いが気になるといった口コミも見られ、化粧品の匂いが苦手な方は要注意です。

カバー力は高めですが、やや肌色を選ぶ色味なので、厚塗りに注意が必要です。

顔全体は薄付け、気になる部分だけピンポイントで馴染ませるといった使い方がおすすめ。

全体的には、良くも悪くも昔ながらの標準的なメンズBBクリームといった印象です。

ただし、紫外線吸収剤やパラベン(保存料)が使用されており、肌への刺激が気になる方は注意が必要です。

クリームを落とすときはクレンジングの使用が推奨されています。

容量20g
カラーバリエーション1色
クレンジング要否クレンジングが必要
UVカット機能SPF30、PA++

合わせやすい肌色

石澤研究所 ベジボーイBBクリームに合った肌色

ほとんどの肌色の方に合わせやすいと思いますが、色白・色黒の方は避けた方が無難です。

uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター(カバー)

uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター(カバー) uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター(カバー)の評価

資生堂のメンズコスメブランド「uno」から販売されているメンズBBクリーム。

自然に肌になじむ「ナチュラル」と、高いカバー力の「カバー」があり、こちらの「カバー」は、ナチュラルタイプに比べてカバー力が高く肌悩みもサポートできるタイプです。肌悩みや肌色に応じて、レベル3とレベル5でカバー力を選ぶことができます。

クリームは伸びがよく、簡単に顔全体にムラなく馴染ませることができます。

カバータイプではありますが、カバー力は抑えめの印象。しっかり肌悩みをカバーするというよりも、フェイスカラークリエイターの名前のとおり、顔色をいい感じに整えるような使い方が合っているようです。

オイルフリーでベタつかずに使えます。クリームを落とすときもクレンジング不要で、洗顔料だけで洗い流すことができます。

ドラッグストアなどでも取り扱いをしているところも多く、価格も安いので、はじめてBBクリームを試してみるには使いやすいです。

紫外線吸収剤や香料が使用されており、肌への刺激が気になる方は注意が必要です。

容量30g
カラーバリエーション2色(レベル3、レベル5)
クレンジング要否洗顔のみでOK
UVカット機能SPF30、PA+++

合わせやすい肌色

uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター(カバー)に合った肌色

2色設定で、やや色白から色黒までカバー範囲は広いです。

uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター(ナチュラル)

uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター(ナチュラル) uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター(ナチュラル)の評価

資生堂のメンズコスメブランド「uno」から販売されているメンズBBクリーム。

こちらの「ナチュラル」は、カバー力で肌悩みを隠すというより、自然に肌色になじんで肌を整えるタイプのBBクリームです。

クリームはサラサラでムラなく伸ばすことができます。手に取ったときは真っ白ですが、肌に塗ると肌色に変わってなじんできます。

カバー力はあまりないので、ちょっとした赤みや抑えることはできますが、シミや青ひげなどしっかりカバーしたい方には不向き。肌色を整え、顔の印象を明るくアップさせるような使い方が合っています。

ちょっとした美肌クリームのような印象で、肌悩みの少ない方や若い方におすすめです。

紫外線吸収剤や香料が使用されており、肌への刺激が気になる方は注意が必要です。

容量30g
カラーバリエーション1色
クレンジング要否洗顔のみでOK
UVカット機能SPF30、PA+++

合わせやすい肌色

uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター(ナチュラル)に合った肌色

ほとんどの肌色の方に合わせやすいと思いますが、色白・色黒の方は避けた方が無難です。

肌色・肌悩みごとのおすすめBBクリーム

肌荒れに悩む男性

色白男性におすすめのメンズBBクリーム

やや色白の方であれば、ZIGENやルオモでもあまり違和感なく使えると思いますが、かなり肌色の薄めの方には、フィトグラムBBクリームのライトカラーがおすすめです。

色黒男性におすすめのメンズBBクリーム

多少色黒という方にはuno フェイスカラークリエイターのレベル5、しっかりめの色黒の方にはフィトグラムBBクリームのダークカラーがおすすめです。

乾燥肌男性におすすめのメンズBBクリーム

乾燥肌の方には、保湿成分の配合されたBBクリームがおすすめです。特にZIGENには保湿の王様とも言われるセラミドが豊富に配合され、乾燥肌ケア、肌荒れケアにもぴったりです。

脂性肌男性におすすめのメンズBBクリーム

脂性肌の方には、皮脂吸着パウダーが配合されたBBクリームがおすすめ。特にフィトグラムは強力パウダーで汗や皮脂を抑えてがっちりマットに仕上がります。

青ひげ男性におすすめのメンズBBクリーム

青ひげが気になる方には、高いカバー力でしっかり隠してくれるフィトグラムがおすすめ。細かいパウダーが毛穴に入り青ひげが目立ちにくくなります。
NULLのクリームは青色の保護色(反対色)となるオレンジの色味が強く、青色を打ち消して青ひげをを目立ちにくくしてくれます。

塗りバレしないBBクリームの塗り方

BBクリームの塗り方

BBクリームは、顔の内側から外側に向けて塗り広げるだけなので、基本的な使い方は簡単です。

ただし、うまく塗らないとムラができたり、色の段差ができて不自然に見えてしまうことも。

BBクリームの塗る手順と併せて、塗りバレしないためのコツをご紹介します。

BBクリームの塗る手順

  1. BBクリームを塗る前に洗顔をして汚れ・皮脂を落とす
  2. 手の甲にBBクリームを直径4~5mmほどのせる
  3. 両頬・鼻・鼻下・おでこ・あごにのせる※両頬は多めに
  4. 指の腹を使い顔の中心から外側に向けて塗り広げる
  5. ニキビや青ひげなど気になる部分にクリームを追加する

自然に馴染ませるコツ

クリームのつけすぎに注意

BBクリームを自然に馴染ませる一番のコツは、少しずつ薄く塗り広げること。

つけすぎは塗ってる感が強くなり、また塗りムラにもなりやすくなります。

量が足りなければそのときに足せばよいので、最初から多めのクリームをべったり塗るのではなく、少量ずつ塗ります

顔の中心は濃く外側は薄く

BBクリームの塗り方の基本は「内側から外側へ」。

顔の中心部分から外側に向けて馴染ませるように塗り広げていきます。

中心ほど濃く、外側になるにつれて薄く塗っていくのがナチュラルに仕上げるコツです。

塗った部分の境い目をよく馴染ませる

最後に注意したいのが、クリームを塗った部分と塗っていない部分の境い目です。

うまく塗り広げないと塗った部分と塗っていない部分が境界線のように残ってしまいます。

首や生え際など塗っていない部分との境い目に色の違いが出ないようによく馴染ませます。

特に首との境い目は見えにくい部分なので、鏡を見ながら違和感がないか確認します。

メンズBBクリーム選びに迷ったらコレ!

ZIGENプロテクションBBクリーム

メンズBBクリーム選びに迷っているなら、是非ZIGENのBBクリームを一度使ってみてください。

カバー力はやや控えめですが、とにかく使いやすさは一番です。

塗りバレしないことにこだわったBBクリームで、すーっと塗り広げるだけで肌になじみます。

UVカット機能も高く、セラミドなど保湿成分も豊富に配合され、スキンケアクリームとしても優秀です。

クレンジングも不要で洗顔料だけで洗い落とすことができる点も男性にぴったりです。

\公式サイトで割引クーポン発行中です/

塗りバレしたくない方には絶対おすすめです!

BBクリームでナチュラルに印象アップ!

今回はメンズBBクリームの選び方やおすすめアイテムをご紹介しました。

手軽に肌悩みを隠して顔の印象アップができるBBクリーム。

清潔感も演出できるので社会人の方にもおすすめです。

自分の肌色に合ったものを選び、厚塗りしなければ、自然に馴染み塗りバレすることもありません。使い方は難しくないのでメンズメイク初心者でも使いやすいと思います。

是非、自分にあったメンズBBクリームを見つけて、自分の肌で確かめてみてください。

ご紹介したメンズBBクリーム一覧

最後にご紹介したメンズBBクリームの一覧をまとめていますので、気になったBBクリームがありましたら、下のリンクから戻ることができます。

メンズBBクリームの選び方&おすすめランキング

メンズオールインワンジェルの水分量を実測した結果は?

スキンケアを面倒に感じる男性に強い味方【オールインワンジェル】。

オールインワンジェルなら、化粧水・乳液・美容液・クリームなどいくつもの化粧品を使い分けなくても、一つで全て済ますことができます。

とは言えオールインワンジェルの商品も数が増えてきて、何を基準にどの商品を選べば良いか迷うメンズも多いはず。

今回は数あるメンズ向けオールインワンジェルを実際に使ってみて、スキンチェッカーによる水分量や使用感、肌への刺激、コストなど8項目で分かりやすく比較してみました。