進化した全身シャンプー!DHC MENオールインワン ディープクレンジングウォッシュをレビュー

DHC MENオールインワン ディープクレンジングウォッシュ

DHC MEN オールインワン洗浄料を試してみました

DHC MENから販売されている「DHC MEN オールインワン ディープクレンジングウォッシュ」を試してみました。

「DHC MEN オールインワン ディープクレンジングウォッシュ」は、オールインワンの名前のとおり、髪・頭皮・顔・体、まるごと洗える全身シャンプー(洗浄料)です。

髪や頭皮を洗う「シャンプー」、顔を洗う「洗顔ソープ」、体を洗う「ボディシャンプー」の3つの機能があり、それぞれを使い分けなくても、これ1本で、頭から足の先まで体全体を洗うことができます。

ワックスなどのハードな整髪料から、頭皮や肌の毛穴に詰まった皮脂汚れまで、男性特有の頑固な汚れや匂いをしっかり洗い流してくれます。

オールインワンで果たして、洗い残しなく洗えるのか、反対に洗い過ぎにならないか、使い心地や感じたことをリアルにレビューします。

種類全身洗浄料
容量500mL
価格1,600円(税別)

ディープクレンジングウォッシュの外観

ボトルを手にしたところ

届いたときには、本体はビニールで包装されています。

容量は500mL。一般的なシャンプーと比べると少し多め。たっぷり使えます。

手に持ってみると、思った以上にずっしりとしています。

DHC MENオールインワン ディープクレンジングウォッシュ

マットなブルーカラーのボトルで、お風呂場に置いていてもスマートです。

ヘッドは一般的なシャンプーと同じで、プッシュして出します。

ボトルの背面

ボトルの背面に製品の”売り”が書かれています。

頭髪・顔・体まで1本で徹底洗浄!
理想の頭髪・肌環境に整える洗浄料
○毛穴汚れ・ベタつき・不快臭をしっかり洗浄
○頭髪を洗浄しフケ・かゆみを抑える

汚れだけでなく、男性なら気になる頭皮のベタつきや匂い、フケもしっかり抑えてくれますね。

ディープクレンジングウォッシュの成分

ディープクレンジングウォッシュの成分
水、ミリスチン酸、パーム核脂肪酸アミドDEA、ラウリン酸、水酸化K、グリセリン、パルミチン酸、ジステアリン酸グリコール、ユビキノン、加水分解コラーゲン、トレハロース、ウメ果実エキス、チャ葉エキス、オオウメガサソウ葉エキス、ポリクオタニウム-51、メントール、ココアンホ酢酸Na、エタノール、アクリレーツコポリマー、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルグリシンK、カプリン酸グリセリル、PEG-40水添ヒマシ油、EDTA-4Na、BG、塩化Na、クエン酸、フェノキシエタノール、香料

洗浄成分は石けん系の成分をメインに、アミノ酸系の成分も配合されているようです。皮脂の落とし過ぎでよく問題となる高級アルコール系の洗浄成分は配合されていません。

シリコーンが配合されていない代わりに、ポリマー系の成分がいくつか配合され、髪のきしみ防止やヘアコンディショニングの役割を持たせています。

抗酸化作用の強いユビキノン(一般的にはコエンザイムQ10)のほか、コラーゲン・トレハロース・ウメ果実エキスなどの美容成分も配合されています。

保存料にはパラベン系成分は使用されずフェニキシエタノールが採用。
そのほか着色料なども添加されておらず、成分を見る限りは安心して使えそうです。

ディープクレンジングウォッシュを使ってみます

実際にディープクレンジングウォッシュを2週間使い続けてみましたので、匂い・泡立ち・洗い心地・洗浄力(洗えるか・洗い過ぎないか)など使ってみた使用感や実感をレビューしていきます。

使用前に見ていた楽天やamazonの口コミでは、良い評価が多かった反面、次のようなネガティブな意見もありましたので、その辺も注意しながら使ってみたいと思います。

  • 泡立ちが悪い
  • 髪がギシギシとする
  • 洗った後にヌルヌルする
  • 洗っている最中にスースーと寒く感じる
  • 匂いが強い
  • 値段が高い

テクスチャーや匂いは?

ディープクレンジングウォッシュを手に取る

ワンプッシュして手に取ってみます。

色は乳白色。テクスチャーは一般的なシャンプーと変わらずトロミがあります。

匂いは表現しにくいですが、メントール系の匂いがします。

DHCの公式サイトには「アロマティックシトラスの香り」と記載されています。

いかにも女性ぽいようなアロマの匂いではなく、男性にも使いやすい爽やかな匂いです。

口コミでは、匂いが苦手・匂いが強いといったものもありましたが、特に嫌な匂いでもなく、そこまで強い匂いには感じません。

匂いに関しては「合う・合わない」があると思います。普通のメントール系の匂いなのであまり問題はないと思いますが、苦手な人は気になるかもしれませんね。

シャンプーとして髪と頭皮を洗います

頭を洗います

そのまま両手で広げ、軽く泡立てたら髪と頭皮を洗っていきます。

泡立ちはかなりいいと思います。

石けん系+アミノ酸系の洗浄成分ということもあり、泡立ちはあまり期待していませんでしたが、しっかり泡立ちます。

メントール配合で、さっぱり爽やかに洗うことができます。多少スースーとはしますが気になるほどのスースー感ではありません。よく夏場に美容院で使われるようなクールシャンプーほどの涼しさはありません。一般的なメンズシャンプーと変わらない洗い心地です。

シャンプーの後にリンスやコンディショナーもしていませんが、ギシギシすることもなく、しっかり髪がコーティングされている感じがあります。

ドライヤーで髪を乾かしたあとも頭皮がカサカサしている感じはありません。

ハード系ワックス

普段整髪をするときは、LUCIDOのハード系のワックスを使っています。

以前に石けん系のシャンプーを使っているときには、一度のシャンプーではワックスの油分のため泡立ちが弱く、やむなく二度洗いをしていました。

別の日に、ワックスを髪につけた状態で洗ってみましたが、いつものシャンプーの量でもしっかり泡立ち、一度のシャンプーできれいに洗い流すことができました。

ボディシャンプーとして体を洗います

ネットで泡立て

髪を流したら今度はボディシャンプーとして体を洗っていきます。

部位ごとにボトルを使い分けしなくてよいのは思った以上に楽です。

泡立てネットに洗浄料を取り、よく泡立てたら体を洗います。

体を洗います

泡はきめ細かくストレスなく洗えます。肌にも優しく刺激はありません。

口コミでは、「スースーして寒い」「ヌルヌルする」という意見がいくつかありましたが、洗っている最中に少しスースーはしますが気になるほどではなく寒さまでは感じませんでした。

また洗い流した後にヌルヌルする感覚は全く感じられませんでした。洗い上がりはすっきりさっぱりとしていると思います。

体を拭いた後もわずかにメントール系の匂いが漂っています。

実際に使ってみた感想

実際に使ってみて実感したのが、とにかく「楽」ということ。

これまでオールインワンの洗浄料を、「中途半端な商品」「きちんと洗えないのでは?」「洗い過ぎで頭皮に悪いのでは?」といった気持ちがあって敬遠してきましたが、実際に使ってみると非常に使い勝手が良かったです。

これ1本で全身済ませられるのでスポーツジムで使っている方も多いようです。

製品のコンセプト通りですが、同じボトルを使って、上から下まで一気に洗うことができ、実際に使ってみると想像以上に使い勝手がよく、面倒を嫌う男性にはピッタリの製品です。

安全ですが泡立ちに課題のある石けん系の洗浄成分でありながら、泡立ちもよく、ワックスを塗った髪でも一度できれいに洗い流せます。

洗った後も頭皮や肌が乾燥した感じはなく、しっかりと水分は保たれているようです。

感じ方は人それぞれですが、私自身が実際に使ってみた限りでは、口コミにあったような「泡立ちが悪い」「髪がギシギシとする」「洗った後にヌルヌルする」というのは全く感じませんでした。

数日使って、夏場の気になる汗の匂いも少し抑えられているように感じますので、匂いが気になる男性にもオススメです。

価格面では、「値段が高い」という口コミもあるように、市販の高級アルコール系洗浄料と比べれば少し高額ですが、使われている成分は全然違います。しっかり洗浄しながら頭皮にも優しい成分が使われており、スカルプシャンプーを買うことを考えればむしろ安いくらいかもしれません。

品質の高さと全身洗える手軽さ。レビューだけのつもりでしたが、使い始めると手放せなくなりました。これはオススメです。

DHC MENオールインワン ディープクレンジングウォッシュ

【商品名】 DHC MENオールインワン ディープクレンジングウォッシュ
【カテゴリー】全身洗浄料
【内容量】 500ml
【価格】1,600円(税別)※詰め替え用もあります

公式サイト DHC公式オンラインショップ

DHC MENオールインワン ディープクレンジングウォッシュ