化粧水だけで保湿できない?!肌質別の男性用乳液の選び方と効果的な使い方

化粧水で保湿できていると思っていませんか?

肌のケアに乳液を使っていますか?

女性だけではなく男性も、肌の大敵は乾燥です。
洗顔後は顔がつっぱるので化粧水でケアをしているという男性の方も多いかもしれません。

しかし、化粧水だけを使っていても実のところ効果は限定的なのです。化粧水は肌表面の角質層にのみ浸透するだけで、残念ながら肌の奥である真皮までは浸透することはありません。

スキンケアの基本は洗顔+化粧水+乳液です。化粧水でいくら保湿成分を肌に与えても、化粧水だけでは肌への浸透は限定的で、乳液を使うことにより初めて角質層に浸透していきます。

今回は、正しい男性用乳液の選び方や効果的な使い方をご紹介します。

乳液の働き


洗顔後、何もせずに放置しておくと肌表面の水分がどんどん蒸発し乾燥がすすんでいきます。

そのため、洗顔後は化粧水でケアをしているという男性も多いことかと思います。

化粧水には肌表面や角質層に水分を与えるために保湿のための美容成分が配合されているため、化粧水が肌表面や角質層に浸透することで肌の調子を整えることができます。

しかし、化粧水だけを使っていても肌の奥まで届くことなく、肌表面で蒸発するため効果は限定的です。そこで油分を与えて水分の蒸発を防ぐ効果のある乳液との併用が必須になってきます。

乳液は、10~30%が油分でできているため、化粧水で与えた水分の蒸発を防いで角質層に閉じ込める効果があります。

また、閉じ込められた保湿成分が角質層に浸透することでキメが整い、肌のバリア機能を高める効果もあります。

乳液の効果

  • 保湿効果
  • 油分を与え、水分の蒸発を防ぎ肌を乾燥から守る効果
  • 肌の表面を保護し、機能を高める効果

肌質別乳液の選び方


オイリー肌(脂性肌)だからスキンケアは化粧水しか使わないという方や、乳液をつけることによって肌がテカテカしたりベタつくから使わないという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、肌に潤いを与えたり化粧水で与えた保湿成分を肌に閉じ込めて蓋をする効果を持つ乳液を使わないと、せっかくの化粧水も効果は半減してしまいます。

乳液がべたつくという方は量を多く使っていたり、肌質に合っていない乳液を使っている可能性もあります。

また、オイリー肌の方であっても乳液を使わないことで余計に乾燥し肌トラブルの原因にもつながる可能性もあります。皮脂の分泌が多いTゾーンなどはやや薄めに塗るなど、部位に分けて塗る量を調整しながら乳液をつけるようにしましょう。

ここでは肌質別の乳液の選び方をご紹介します。

●乾燥肌男性

肌を外部刺激から守る重要な働きをするセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり配合されている乳液を選ぶようにしましょう。

●オイリー肌(脂性肌)男性

乳液の油分が10~20%くらいのなるべく油分の少ないものがおすすめです。さっぱりタイプと表示されている乳液を選ぶようにしましょう。

●混合肌男性

おでこはテカっているのに口元や目元は乾燥しているという混合肌の方は、乾燥している部分に合わせてセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているものを選びましょう。特に乾燥する部分には重ね付けをするなど塗る量で調整しましょう。

●敏感肌男性

少しの刺激にでも敏感に反応してしまう敏感肌。乾燥肌の方と同じようにセラミドなどの保湿成分に加えて、香料や着色料、鉱物油やアルコール、パラベンなど肌に刺激を与える成分などが入っていない無添加タイプのものを選ぶようにしましょう。

乳液の効果的な使い方


乳液を付けるタイミングは、化粧水で補った保湿成分を角質層へ浸透させるため化粧水のすぐ後につけます。時間を置いてしまうと、せっかくの保湿成分が蒸発してしまうので時間を置かずにすぐにつけることが重要です。

また、乳液によっても使用量はそれぞれ違いますが、必ずパッケージに記載されている目安量を守りましょう。

多すぎるとベタつきの原因になり、少なすぎると摩擦を起こして肌に負担となります。記載されている量を守り、自分の肌質に合った乳液を使用しましょう。

塗り方のポイントとしては、清潔な手にとり馴染ませるようにやさしく塗っていきます。顔全体に塗りのばしたら、目元や口元など特に乾燥しやすいところは重ね付けしてあげましょう。皮脂が多い鼻は一番最後につけてあげるとテカりにくくなります。

さいごに

肌に潤いを与えたり化粧水で与えた保湿成分を肌に閉じ込めて蓋をする効果を持つ乳液。

せっかく化粧水で保湿成分を肌に補っても、すぐに蒸発して浸透していかないため、より効果的に保湿を求める場合、乳液を併用する必要があります。

しかし、中には乳液はべたつきやテカリが気になるから使っていないという方もいらっしゃいますが、その方たちは自分の肌質に合った乳液を使えていない可能性もあります。男性が乳液を選ぶ際は自分の肌質に合った乳液を選ぶことが大切です。

また、最近では化粧水と乳液、美容液などの成分が一つになった「オールインワン化粧水」が人気です。化粧水の後に乳液や美容液などを別々に付ける必要がなく1本で洗顔後のスキンケアが完結します。時間的にも経済的にも優れていますので是非使ってみてください。

BULK HOMME

メンズオールインワンジェルを肌の水分量で比較してみた

スキンケアを面倒に感じる男性に強い味方【オールインワンジェル】。

オールインワンジェルなら、化粧水・乳液・美容液・クリームなどいくつもの化粧品を使い分けなくても、一つで全て済ますことができます。

とは言えオールインワンジェルの商品も数が増えてきて、何を基準にどの商品を選べば良いか迷うメンズも多いはず。

今回は数あるメンズ向けオールインワンジェルを実際に使ってみて、スキンチェッカーによる水分量や使用感、肌への刺激、コストなど8項目で分かりやすく比較してみました。