記事の詳細

男性の髪の毛における美容を考えるときに、帽子をかぶっている人は抜け毛になりやすいという説があります。

この真偽に関しては、結論から言うと帽子をかぶることだけで抜け毛が引き起こされることはないと考えていいでしょう。

どうしてこういった説が流布しているかというと、頭皮が蒸れやすくなったり、脱いだ時に抜けた髪の毛がついてきたりすることなどが原因だと考えられます。しかし、実際には医学的な根拠のあることではないのです。

男性のファッションアイテムとしても帽子は重要な役割を果たしますし、バイクに乗っている人ならばヘルメットをかぶらなくてはいけません。そういった人たちの全員が髪の毛の薄い人なのかというと、そういった事実はないはずです。

帽子というのは、むしろ紫外線から頭皮を守ってくれる働きがあります。頭皮の皮脂は紫外線によって酸化して、それが毛穴に詰まって髪の毛の生育を阻害することがあります。ですから、帽子によって直射日光を遮ることでむしろ抜け毛予防になるのです。

ただし、暑い日などは蒸れやすく、汗をかいたりすると雑菌が繁殖しやすくなることも事実です。

薄毛や抜け毛を予防したいという人は、帽子を脱いだあとのケアをしっかりしておくといいでしょう。きちんと洗髪をして頭皮を清潔な状態にしておくことが大切です。

ほかにも、サイズの小さな帽子で頭皮を締め付けないようにすることも大切です。血行不良を起こすことで髪の毛が育ちにくくなるからです。

関連記事

ページ上部へ戻る