眉毛にも白髪が生えてきた!眉毛に出てくる白髪の原因と対策

ある日、鏡をよく見たら「眉毛に白髪が!」

白髪が増えてきたことに悩んでいたら、今度は眉毛にまで白髪が生えてきた!といった話をよく聞きます。

頭髪の白髪だけでも憂鬱になりますが、頭髪以外の場所で白髪を見つけるとさすがに年を取ったのかなと気が滅入ります。

一般的に眉毛の白髪は、40代や50代くらいから生える方が多いようですが、最近では20代や30代で生え始める方も増えているようです。

Yahoo!知恵袋や教えて!Gooなどでも、比較的若い方で眉毛に白髪が生えてきたと悩み相談をしている方も多く見られます。

今回は、眉毛に白髪が生えてくる原因や対象方、眉毛の白髪をこれ以上増やさないためにやりたいことをご紹介します。

頭髪と同じように生える眉毛の白髪

眉毛にも頭髪と同じように白髪は生えますし、さらにはまつ毛や鼻毛、髭にも同じように白髪は生えます。

頭髪同様、顔周りはその人の印象を特に左右させるため、眉毛に白髪が生えているだけでより一層老けて見えるため厄介です。

眉毛の白髪と言えば高齢の方のイメージですし、フサフサの白髪の眉毛が印象的だった村山元首相(ちょっと古いですかね。。。)を思い浮かべることから、初めて眉毛に白いものが混ざっているのを発見した時には「あ~自分も年を取ってしまったなあ」とショックを受けてしまいます。

眉毛に白髪が生える原因

眉毛が白髪になる原因は、加齢による老化が主な原因だと考えられていますが、他にも睡眠不足や栄養不足、血行不良や毛周期の乱れなどたくさんの要因が複雑に絡まりあって、髪に色を付けるメラノサイトの働きが弱まって白髪となって生えてくると考えられています。

  • 加齢による老化
  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 毛周期の乱れ
  • 血行不良
  • 眼精疲労

眉毛に白髪が生える原因として遺伝や病気なども考えられますが、多くの場合加齢が大きな原因で、頭髪が白髪になる原因とほぼ同じです。

またこれらに加えて、若い世代ではパソコンやスマホなどの使い過ぎによる慢性的な眼精疲労や表情筋のコリが原因となって生えてくることがあります。

眉毛に白髪を見つけた時にやってはいけないこと

初めて眉毛に白髪を見つけた時はショックが大きく、すぐに抜いてしまいたい衝動にかられることでしょう。

中には毛抜きで見つけた時に抜いているという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これは正しい対処法ではありません。

なぜなら無理やり毛抜きなどで引き抜くと、皮膚や毛根を傷つけてしまい、傷口から雑菌が入り繁殖し腫れてしまう可能性があるからです。

数本程度の白髪であれば眉毛用の小さなハサミが販売されていますので、それを使い根元から丁寧に切るようにしましょう。

本数が多かったり、切るのが面倒だという方は、最近では専用の眉毛用のマスカラも販売されているのでそれを使ってみるのもいいかもしれません。

そして絶対にやってはいけないのが、頭髪用の白髪染めを眉毛に使うことです。

万が一液だれをして目に薬剤が入ってしまうと、最悪失明のリスクもあり得るため絶対に使わないようにしましょう。

眉毛の白髪をこれ以上増やさないためにやりたいこと

眉毛に白髪が生える原因が頭髪とほぼ同じなので、頭髪と同じく加齢によるもの以外の原因であれば改善や予防が見込めます。

まずは不規則な生活になっていないか生活習慣を見直して、バランスの良い食生活を心掛けることが基本です。

20代や30代で眉毛に白髪が生えてきたという方は、慢性的な眼精疲労や表情筋のコリも疑いましょう。

パソコンやスマホを止めるのはさすがに無理でも、操作時間に気を付け、休息時間を設けて定期的に目を休ませてあげるようにしましょう。

また、目の周りをマッサージをして血流を促進させて凝り固まった筋肉をほぐしてあげましょう。ホットタオルで目元を温めるのも効果的です。

最近では白髪改善に効果が期待できる栄養素が手軽に摂取できる白髪サプリも販売されているので、栄養が偏っているなと感じている方は、生活習慣を見直しながら併用されるのもおすすめです。

最後に

眉毛に白髪が生える原因も、頭髪と同じように加齢による老化や睡眠不足、栄養不足や血行不良、毛周期の乱れや慢性的な眼精疲労、表情筋のコリなどが関わっていることがおわかりいただけたと思います。

眉毛に白髪が生えてきたら、まずは生活習慣を見直すことから始めてみましょう。


実際に使って比較してみました!男性用白髪染めランキング

ヘアカラーは強力に染まり色持ちも良く便利なものではあるのですが、どうしても髪や頭皮を傷めてしまいます。

白髪が出始める頃には、徐々に薄毛などほかの髪の悩みも増えてきますので、髪や頭皮には少しでもダメージは避けたいところです。ヘアカラートリートメントであれば、髪や頭皮を傷めることなく、髪を染めることができます。

これまで実際にさまざまなヘアカラートリートメントを試してきましたが、その中でも選んで間違いのないオススメのBest5をランキング形式でご紹介します。