頭皮がかゆい!それ、ヘアカラーが原因かもしれませんよ。

この間まで全く問題なかったのにいつもと同じように白髪染めで白髪を染めたら頭皮がかぶれた、かゆくなったという方がいらっしゃいます。

もしかしたら、それはヘアカラーによるアレルギー症状かもしれません。

1度アレルギー症状が出てしまうともう2度とヘアカラーを使うことはできませんので使用には十分注意が必要です。

ヘアカラーによるアレルギー症状がなぜ起こるのか詳しく見ていきましょう。

ヘアカラーとはどんな白髪染め?

ドラッグストアやスーパーでいつでも気軽に手に入るヘアカラーの白髪染め。

有名なタレントを起用したテレビコマーシャルでもよく見かけるため、一般的に白髪染めというとヘアカラーを想像する方も多いかと思います。

種類も豊富で値段も安く、1度でしっかり染まり色もちがいいのが特長ですが、その反面、髪の表面のキューティクルを開いて中に色を入れるため使い続けることによって乾燥が進み、枝毛や切れ毛など髪や頭皮を傷める原因となっています。

また、鼻をつくような刺激臭があったり、染める際には手袋が必要で肌に付着しないように細心の注意を払う必要もあります。

何より忘れていけないのが、パッチテストです。取扱い説明書にも必ず記載されている、使用の48時間前のパッチテストは必ず行わなければなりません。

ヘアカラーで頭皮がかぶれる理由


ニュースで取り上げられることも多いヘアカラーによるかぶれやかゆみなどのアレルギー症状。

ヘアカラーで頭皮がかぶれる主な理由は、染料として使われているジアミン系の化学薬品によるものです。

ヘアカラーには酸化染料や過酸化水素、アルカリ剤などが配合されていて、これらを化学反応させることで髪に着色させるのですが、人によっては酸化染料に対するアレルギー反応によってかゆみやかぶれの症状が出ることがあります。

かゆみやかぶれは頭皮や髪の生え際、まぶたや首すじなどの、ヘアカラーの薬液が直接接触したところや、ヘアカラーを洗い流したすすぎ液が付着したところに現れます。

ある日突然花粉症になるように、前回までは全く問題がなかった人でもある日突然かゆみやかぶれなどのアレルギー症状が現れることがあります。

48時間前に必ず行う必要がある面倒なパッチテストが毎回必要なのはそのためです。

ヘアカラーを使用して少しかゆくなったけど、しばらく経つと治ったからと気にせず使い続けていると、呼吸困難などの重篤な症状であるアナフィラキシーショックを引き起こす可能性もあり大変危険です。

これは使い続けることによって化学薬品が少しずつ体内に蓄積され続けているため起こります。ヘアカラーを使ってかゆみやかぶれを感じたらすぐに使用を中止し、医療機関で診察を受けることが大切です。

白髪染めは髪や頭皮に優しいものを


1度アレルギー症状が出てしまうともう2度とヘアカラーを使うことはできません。

ではアレルギーが出てしまったらもう「白髪を染めること」はできないのでしょうか?

アレルギーが出てしまった方は酸化染料を使用したヘアカラーは使うことができませんが、酸化染料を配合していないタイプの白髪染めであるヘアマニキュアやヘアカラートリートメントであれば問題なく使うことができます。

ヘアマニキュアは髪のキューティクルを開くことなく髪の表面から染料を浸透させるタイプの白髪染めのため、色もちはヘアカラーに比べると劣るものの髪や頭皮を傷めることなく染めることができます。

ヘアマニキュアの中でも、アレルギーが出てしまった方や肌が弱い方には無添加タイプのヘアカラートリートメントが特にオススメです。

無添加タイプのヘアカラートリートメントは、安全性の高いといわれている染料(塩基性染料・HC染料)や天然由来の保湿補修成分や美容成分が配合されており、髪や頭皮に刺激となる成分が入っていないので安心して使うことができます。

シャンプーの後にトリートメントの代わりとして使用するだけで、白髪を染めながら髪や頭皮にハリやコシを与えて頭皮環境も改善するという髪や頭皮に優しい白髪染めです。

さいごに

ヘアカラーを使用した後、頭皮がかゆい、かぶれた経験があるという方はヘアカラーに配合されてる酸化染料が原因かもしれません。

違和感を感じたらすぐに使用を中止して医療機関で診察を受けましょう。

1度かゆみやかぶれの症状が出てしまうと2度とヘアカラーを使うことはできませんが、アレルギーリスクの低いヘアマニキュアやヘアカラートリートメントタイプの白髪染めであれば、問題なく使用することができるので安心です。

ヘアカラーはアレルギーリスクだけではなく、髪や頭皮を傷める原因にもなっています。長く使っていく必要のある白髪染めは、髪や頭皮への優しさを一番に考えて選ぶようにしましょう。


実際に使って比較してみました!男性用白髪染めランキング

ヘアカラーは強力に染まり色持ちも良く便利なものではあるのですが、どうしても髪や頭皮を傷めてしまいます。

白髪が出始める頃には、徐々に薄毛などほかの髪の悩みも増えてきますので、髪や頭皮には少しでもダメージは避けたいところです。ヘアカラートリートメントであれば、髪や頭皮を傷めることなく、髪を染めることができます。

これまで実際にさまざまなヘアカラートリートメントを試してきましたが、その中でも選んで間違いのないオススメのBest5をランキング形式でご紹介します。