えっ、シャワーで洗顔ダメなの?男性に多いNGスキンケア5つ

普段のスキンケアが肌トラブルの要因かも?

最近では男性のスキンケアも当たり前の時代になってきました。

洗顔後や髭剃り後にきちんと化粧水や乳液などを塗って肌のケアをしている男性も多いでしょう。

ところが、この普段のスキンケアが実は意外とNGだったりします。

肌のために良いと思ってやっている普段のスキンケアが、肌に負担をかけてしまったり、肌トラブルの要因になってしまっていることもあるのです。

今回は間違いがちな5つのNGスキンケアと、正しいスキンケア方法をご紹介します。間違ったスキンケアをしていないか確認してみてください。

NG① 入浴時にシャワーを使って洗顔をしている


シャワーのついでに洗顔をしている方もおられるでしょう。

これは特に間違いではありません。

問題になるのは洗い流すときです。洗顔料を洗い流すときに、直接シャワーを顔に当てて洗うのはNGです。

シャワーは水圧が高いため、顔に直接当てると、強い刺激で肌を傷めてしまうことになります。

また、シャワーの温度は40度前後に設定している方が多く、洗顔をするにしては高すぎです。
熱いお湯ですすぐと必要な皮脂まで落として乾燥の原因になってしまいます。

洗顔をするときは、直接シャワーを顔に当てるのではなく、洗面器にお湯をためて洗います。お湯の温度は、人肌程度のぬるま湯が目安で、洗面器にお湯をためてから、手ですくって優しく洗いましょう。

NG② しっかり汚れや脂を落とそうとゴシゴシと顔を洗っている

顔を洗う男性
これも男性にありがちなのですが、ベタベタする顔の汚れや皮脂をしっかり落とそうと、顔をゴシゴシこすりながら洗う方がいます。

ゴシゴシと洗って皮脂がきれいに落ちれば、さっぱりとして気持ちはいいのですが、これは肌にとってはNGです。

肌をこするということは肌を摩擦することにつながり、肌に大きな負担をかけてしまいます。またゴシゴシと洗い過ぎることで必要な皮脂まで落としてしまうと、肌が乾燥してしまい、その乾燥を防ごうと皮脂が過剰に分泌されてしまう悪循環に陥ってしまうこともあります。

洗顔をするときはゴシゴシとこすらず、十分泡立てた泡で優しく洗うようにしましょう。泡を使って優しく顔を洗うと極力肌に負担を与えず洗うことができます。

洗顔時間は1分ほどを目安に洗いすぎにも注意しましょう。

NG③ 洗顔・髭剃り後のスキンケアを後回しにしている


洗顔後のスキンケアはどの順番でしていますか?

シャワーから上がって、体を拭いて、下着を着けて、ドライヤーで髪を乾かして、その後にスキンケアをしているなら、それはNGです。

洗顔後は顔に水分があるように見えても、皮脂が取れた肌はバリア機能が低下して、肌内部の水分が流出しやすい状態になっています。特に髭剃り後の肌はなおさらです。顔表面の水分は時間とともにどんどん蒸発していまい、肌の乾燥を招いてしまいます。

そのため、洗顔後のスキンケアは最優先です。洗顔をしたら他のことは後回しで良いので、一番にスキンケアをしましょう。

ネットの情報では、洗顔後1分以内や3分以内といったいくつかの意見が見られ、何分が正解なのか分かりませんが、いずれも「洗顔後はできるだけ早くスキンケア」が必要であることは共通です。

洗顔後のスキンケアを後回しにしているのであれば、肌のために見直しの余地があるのではないでしょうか。

NG④ 乾燥を防ごうとたっぷり多めの化粧水を使う


洗顔後に化粧水で保湿するときに、乾燥を防ごうと必要以上に化粧水を使う方がいますが、これもNGスキンケアです。

化粧水は肌の内部に浸透して肌を保湿しますが、浸透する量には限界があります。必要以上に化粧水を使っても浸透しきれず、肌の表面からどんどんと蒸発していきます。

化粧水が蒸発すると同時に肌の水分まで蒸発してしまい、逆に、肌の乾燥を招いてしまいます。
乾燥を防ごうとして化粧水を多く使うことで、肌の乾燥を引き起こしてしまうといった皮肉な結果になってしまうのです。

人によっても適切量に違いはありますし、肌の調子や季節によっても違う場合もありますが、基本的には使用説明書に従い、多すぎず少なすぎず(プラス自分に合った微調整)が一番効果的です。

NG⑤ パンパンと顔を叩いて化粧水を浸透させている

スキンケアする男性
顔をパンパンと叩いたほうが化粧水が肌に染み込みやすいと思い込んでいる方がいますが、これはNGスキンケアです。

メンズコスメのテレビCMなどでも、顔を叩いて浸透させているシーンがありますが、顔の皮膚は他の部分に比べ薄いため、強く叩くと肌にダメージを与えることになります。

顔を叩くことで化粧水の浸透に効果はありませんし、肌にとって無用な刺激を与えてしまうだけですので、やっている方は今すぐやめましょう。

女性のようにコットンを使ってというところまでは必要ありませんが、化粧水をつけるときは、手に広げてから優しく抑えるようにつけましょう。

正しいスキンケアで自分の肌を守ろう


スキンケアは習慣のようなものなので、一度習慣になると、そのスキンケアを続けてしまいます。

肌のために良いと思っていたスキンケアの習慣が、実は肌を傷めることになってしまっていることもあります。

手間とコストをかけて肌に負担をかけてしまっていては何をしているのか分からなくなります。

肌質は人によっても違いがありますので、全ての方に合ったスキンケアはありませんが、肌の調子がいまいちの方で、NGスキンケアに該当するものがあれば、スキンケア方法の見直しのヒントにしてください。

正しいスキンケアを続けることで自分の肌を守っていきましょう。


メンズオールインワンジェルを肌の水分量で比較してみた

スキンケアを面倒に感じる男性に強い味方【オールインワンジェル】。

オールインワンジェルなら、化粧水・乳液・美容液・クリームなどいくつもの化粧品を使い分けなくても、一つで全て済ますことができます。

とは言えオールインワンジェルの商品も数が増えてきて、何を基準にどの商品を選べば良いか迷うメンズも多いはず。

今回は数あるメンズ向けオールインワンジェルを実際に使ってみて、スキンチェッカーによる水分量や使用感、肌への刺激、コストなど8項目で分かりやすく比較してみました。