マスク肌荒れに悩む人が増加中!原因と対策・おすすめスキンケア方法

マスク肌荒れに悩む人が増加中!原因と対策・おすすめスキンケア方法

新型コロナの感染予防として生活の中に定着してきたマスク。

外出するときには常に着用する習慣がついてきましたが、その一方で増えつつあるのがマスクによる肌荒れです。

1日中マスクを着用していることで「口周りがカサカサになりやすい」「ニキビが出てきた」「マスクの中がかゆい」などといった肌トラブルを訴える方も増えてきているようです。

肌の状態が悪化した状態でマスクを着用し続ければさらに悪化してしまう可能性もあり、肌荒れが気になる方は早めのケアが必要です。

今回は、そんなマスクによる肌荒れにお悩みの方に、おすすめのスキンケア方法をご紹介します。

マスクで肌荒れする原因

マスクで肌荒れする原因

そもそもですが、マスクをしているとなぜ肌荒れしやすくなってしまうのでしょうか。

マスク肌荒れの対策をする前に、マスクによって肌荒れを引き起こす原因を考えてみましょう。

マスクによる摩擦

まず考えられる原因は、マスクによる摩擦です。

マスク自体は肌に優しく直接的なダメージを与えるものではありませんが、長時間着用し続けることで、どうしても摩擦による肌ダメージは蓄積されていきます。

1日に何度かマスクの着脱を繰り返すこともあるでしょうし、会話によっても肌とマスクが擦れることになります。

マスクによる摩擦で肌の角層がダメージを受けてバリア機能が低下してしまうと、肌の潤いが失われて乾燥しやすくなってしまったり、外部からの刺激を受けやすい状態になってしまいます。

また、マスクによる摩擦だけでなく、肌の皮脂をマスクがこすりとってしまうケースもあり、肌を守るべき皮脂が奪われることで、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

マスクによるムレ

もう一つの考えられる原因は、マスクによって口周りをふさぐことによるムレです。

マスクの内側は呼吸によって湿度が高い状態にあり、肌の表面の角層には適量以上に水分量が増えてしまいます。

水分量が増えるのであれば保湿ができて肌には良さそうに思えますが、マスクの着脱時に、肌の水分が一気に蒸発して肌を乾燥させてしまうのです。

マスクを外したときにスーッとして気持ちがいいですが、そのときに肌からは急速に水分が奪われることになり、肌のバリア機能にも影響を与えてしまうことが懸念されます。

また、肌の表面にかいた汗が残り続けると雑菌が繁殖しやすくなってしまい、こちらも肌ダメージの原因になります。肌がダメージを受けてバリア機能が低下すれば、ニキビの原因になったり肌荒れを起こしてしまうなど、肌トラブルの原因になってしまいます。

マスクの肌荒れ対策

マスクによる肌荒れを少しでも抑える対策とし、次の3つのポイントがあります。

マスクの肌荒れ対策

マスクの中に汗をかいたらハンカチで拭く

肌に残る汗の成分は肌荒れの原因の一つです。

マスク肌荒れを防ぐ対策の基本は「水分の蒸発を防ぐこと」と「肌を清潔に保つこと」です。

マスクを長時間つけているとマスクの中がムレたり、暑い時期には汗もかきやすくなります。

マスクの中に汗をかいたらそのままにせずハンカチなどで優しく拭き取るようにしましょう。

こすらないように丁寧に洗顔をする

ムレたマスクの中は雑菌が繁殖しやすく、マスクの雑菌は口周りにも付着しやすくなります。マスクを外したら洗顔できれいに洗い流すようにしましょう。

ただし肌荒れをしている肌は、バリア機能が低下して刺激に弱くなっています。ゴシゴシと強くこすって洗わず、よく泡立ててから指の腹を使って優しく丁寧に洗顔しましょう。

洗顔料は敏感肌用のマイルドな洗浄成分を使ったものを選ぶと、肌に負担をかけずに洗えます。

また、洗浄成分が肌に残っていると肌荒れの原因となってしまいます。洗い残しが出ないようによくすすぎましょう。

洗顔後はいつも以上にしっかり保湿する

洗顔をした後は、化粧水や乳液・クリームを使ってしっかり保湿を行います。

マスクによる肌荒れの一番の原因は乾燥。十分な保湿ケアを行うことで、肌本来のバリア機能を取り戻します。

肌荒れが進んでいる人には、肌表面に被膜を作って水分の蒸発を防ぐことができる油性成分を含むタイプの保湿剤がおすすめです。肌に優しく馴染みやすい成分を選ぶと安心です。

マスク肌荒れにおすすめの保湿アイテム

マスクで荒れてしまった肌に使いたい男性向けの保湿アイテムをご紹介します。

肌が荒れてバリア機能が低下すると、普段であれば何でもないことが刺激になることも。

マスクで荒れた肌に負担をかけないように、低刺激性を前提に化粧水と保湿クリームに分けておすすめアイテムをご紹介します。

マスクの肌荒れにおすすめ化粧水

まずは保湿のベースとなる化粧水。

化粧水には、肌に水分を与えるだけでなく、肌のバリア機能を整え、保湿クリームの浸透を助ける働きがあります。

化粧水といってもさまざま商品がありますが、実際に使ってみたうえで、低刺激なうえに保湿効果の高かったこちらの製品をおすすめします。

バルクオム ザ・トナー

バルクオム ザ・トナー

高品質メンズコスメブランド「バルクオム」のザ・トナーは、「高い保湿力を持ちつつ、男性でも使いやすい使用感で低刺激の化粧水」をコンセプトに開発された化粧水。

サラッとした使い心地ながら、肌への刺激も少なく、男性の肌を保湿して整える美容成分がたっぷり配合されており、まさに肌荒れした男性肌にぴったりの化粧水です。

バルクオムの製品には7つの特徴的な美容成分が配合されており、トナーにも全ての成分が配合されています。「リンゴ果実培養細胞エキス」「温泉水」「ユズ果実エキス」「チャ葉エキス」「セイヨウシロヤナギ樹皮エキス」「加水分解シルク」「グリセリルグルコシド」が肌のバリア機能を整え、保湿を助けます。

BULK HOMMEバルクオム トナーを手の平に出しているところ

マスクの肌荒れにおすすめ保湿クリーム

化粧水で肌に水分を補給しても、乳液やクリームでカバーをしないとすぐに蒸発して肌が乾燥してしまいます。

保湿クリームは肌の表面に幕を作って水分を肌内部に閉じ込める働きがあります。

保湿クリームもいろいろと製品がありますが、1本で全てのスキンケアがまかなえるオールインワンジェルタイプの保湿クリームが手間がなく使いやすいです。

こちらも実際に使ってみたうえで、保湿効果の高かった2種のメンズオールインワンジェルをご紹介します。

ZIGEN ジゲン オールインワンフェイスジェル

ZIGEN オールインワンジェル

実際にいくつものオールインワンジェルを使ってきましたが、保湿力はナンバーワン。

実際にスキンチェッカーを使用して保湿状況を測定した結果でも、使用したオールインワンジェルの中で最も高い水分量となり、時間経過に伴う水分量の減り方も小さい結果になっていました。

ZIGENには、保湿効果の高いヒト型セラミドが3種類、加えてヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分が豊富に配合されており、これでもかと男性の肌の潤いにこだわったフェイスジェルです。

肌への刺激も感じられず、荒れてバリア機能が低下した肌でも安心して使えます。

保湿最優先で対策を考えられているのであれば「ZIGEN」がおすすめです。

ZIGENジゲン フェイスジェルを手の平に出しているところ

HOLO BELL トータルスキンケア保湿ジェル

HOLO BELL トータルスキンケア保湿ジェル

もう一つのオールインワンジェルは「HOLO BELL(ホロベル)」のトータルスキンケア保湿ジェルです。

さきほどの「ZIGEN」に比べると保湿能力の数値は少し落ちましたが、保湿力は非常に高く、実際に使った肌でも長くしっとり落ち着いています。

アルコールやメントールなどの揮発性の成分が使用されていないので、メンズスキンケア製品によくあるようなスーッとした爽快感はありませんが、その分、肌への刺激が少なく安心して使い続けることができます。

高い保湿能力に加え、使い心地・続けやすい価格設定など全てにバランスが取れたメンズオールインワンジェルと言えます。

トライアル版が用意されているので試しやすいというメリットも。

HOLO BELLを手の平に出しているところ

マスクの摩擦予防に効果的なワセリン

ワセリン

やや応急処置的な対策になりますが、マスクの摩擦予防にワセリンを塗るのも効果的です。

ワセリンは昔から医療機関でも処方されてきた成分で、肌表面をしっかりコーティングする特徴があります。

肌内部に浸透することはないので、化粧水や保護クリームのような効果は期待できませんが、肌の保護膜のような働きがあり、マスクの摩擦による刺激を防ぎ、また肌内部の水分の蒸発を抑える効果が期待できます。

ドラッグストアなどでも安価に購入できますが、どれを購入すればよいか分からない方には医薬品のコチラを検討してみてください。

肌荒れしないマスク

肌荒れしないマスク

マスク肌荒れにお悩みの方は、着用するマスクを見直してみてもいいかもしれません。

一般的な不織布マスクに比べれば少し値段は高くなってしまいますが、シルクを使ったマスクであれば、マスクの中が蒸れにくく、少しは肌荒れの原因を減らすことができます。

私が購入したマスクはすでに売切れとなっていましたので、楽天で「肌荒れしないマスク」で検索できるリンクを貼り付けています。肌荒れしないマスク(楽天市場)

外せるときにはなるべくマスクを外そう

外せるときにはなるべくマスクを外そう

マスクがすっかり習慣化したこともあり、つい長時間着けぱなしになりがちですが、一人でいるときや十分なソーシャルディスタンスが保たれているなど、外しても支障のなさそうな場合はなるべくマスクを外すように意識しましょう。

マスクを着脱するときも、なるべく肌に摩擦を与えないように注意して、少しでも肌荒れリスクから肌を守っていきたいものです。

マスクを外したら肌がガサガサに荒れ放題、なんてことにならないように、日々のスキンケアを続けましょう。

メンズオールインワンジェル比較

メンズオールインワンジェルおすすめランキング!肌の水分量実測結果

2018年7月23日
マスク肌荒れに悩む人が増加中!原因と対策・おすすめスキンケア方法

メンズオールインワンジェルの水分量を実測した結果は?

スキンケアを面倒に感じる男性に強い味方【オールインワンジェル】。

オールインワンジェルなら、化粧水・乳液・美容液・クリームなどいくつもの化粧品を使い分けなくても、一つで全て済ますことができます。

とは言えオールインワンジェルの商品も数が増えてきて、何を基準にどの商品を選べば良いか迷うメンズも多いはず。

今回は数あるメンズ向けオールインワンジェルを実際に使ってみて、スキンチェッカーによる水分量や使用感、肌への刺激、コストなど8項目で分かりやすく比較してみました。