下の毛(アンダーヘア)の白髪どうしてる?染めてる?抜いてる?

下の毛(アンダーヘア)に白髪、生えてますか?

突然ですが、皆さん、下の毛(アンダーヘア)に白髪は生えていますか?

あまり周りの人と下の毛(アンダーヘア)の白髪の話をする機会は少ないと思いますが、下の毛に白髪が生えている人は意外と多いようです。

はじめて髪の毛に白髪を見つけたときもショックは大きいですが、下の毛(アンダーヘア)に白髪が見つかったときのショックはさらに大きいのではないでしょうか。

ショックを受けるだけでなく、「男性が下の毛に白髪が生えてきたら精力減退のサイン」「アンダーヘアの白髪は性病の症状」「癌など何らかの病気の前兆」などとも噂されており、心配になる方もおられるかもしれません。

今回は、そんな気になる下の毛(アンダーヘア)の白髪について、生えてくる要因や精力・病気との関連性、生えてしまった白髪の処理方法をお伝えします。

下の毛(アンダーヘア)の白髪はいつから生える?

疑問を見せる男性
髪の毛の白髪が生えてくる時期と同じように、下の毛(アンダーヘア)に白髪が生えてくる時期も人によってそれぞれ違います。

きちんとしたデータがあるわけではありませんが、一般的には頭髪の白髪が生え始めてから数年経過したくらいに生えてくる方が多いようです。頭髪は紫外線を浴びやすいため、他に比べると白髪が生えやすい場所と考えられます。

男性の場合は、30代後半頃から頭髪の白髪が気になり始める方が多いようですので、40代に入ったくらいから下の毛(アンダーヘア)にも白髪が生えてくる方が増えてくるのではないでしょうか。

中には20代や30代でも下の毛(アンダーヘア)に白髪が生えてくる場合もありますが、その場合は加齢による要因ではなく、生活習慣やストレスなども大きく関係していると言われています。急激に増えてくる場合は遺伝や病気なども疑った方が良いかもしれません。

また、下の毛(アンダーヘア)に白髪が生えてきた方の中には、頭髪には白髪が全然生えていないのに、下の毛だけに白髪が生えてくる方もおられるようです。白髪の生える時期や場所は人それぞれで、頭髪よりも先に下の毛、それ以外にも鼻毛や眉毛など他の場所に先に白髪が生えてくるという方もいますので過剰な心配は不要です。

下の毛(アンダーヘア)の白髪の原因

悩む男性
下の毛(アンダーヘア)に白髪が見つかり、何か特別な原因があるのかと心配になられたかもしれません。

ですが、下の毛(アンダーヘア)に白髪が生えてくるのは特別な原因があるのではなく、基本的に髪の毛に白髪が生えてくる原因と同じです。

白髪の原因

  • 加齢
  • 生活習慣(睡眠不足・運動不足)
  • 食生活の乱れ(栄養不足)
  • ストレス

一番の原因は、当たり前ですが「加齢」です。年齢とともに、体内に蓄積される活性酸素の分解が進まなくなり、メラノサイトの働きが弱まり、髪に色をつけるだけの十分なメラニン色素を生成することができなくなるからです。

また年齢とともに成長ホルモンの分泌量も減少してしまいます。成長ホルモンの分泌量が減少すれば、細胞の代謝が悪くなり、メラノサイトの働きを弱くしてしまうのです。

加齢以外にも、睡眠不足や運動不足などの生活習慣やストレスなどによる自律神経の乱れ・血行不良、乱れた食生活による栄養不足なども白髪の原因になります。

白髪の生える場所にも意味がある

白髪の生える場所によっても、原因や意味があると言われています。

例えば、こめかみに白髪が集中している場合は眼精疲労やストレス、分け目や頭頂部に白髪が増えてきたら紫外線や胃の不調など原因を推測することができます。

それでは、気になる下の毛(アンダーヘア)に白髪が生える原因は?と言うと、特にこれと言った原因や意味は見つかっていません。特別な病気などとは関係なく、一般的な加齢や生活習慣が主な原因と言えます。

加齢は仕方がありませんが、健康的な生活を送り栄養バランスのとれた食生活を送ることで、髪や頭皮にきちんと栄養が行き届き、白髪が改善することもあります。できるところからでも良いので普段の生活を見直してみましょう。

下の毛(アンダーヘア)の白髪は精力減退のサイン?

下の毛の白髪=精力減退?
病気の心配はないかもしれませんが、精力減退との関係はどうでしょうか。

ネット情報などを見ると、下の毛(アンダーヘア)の白髪=精力減退のサイン、といった書き込みがありますが、白髪になる原因はメラノサイトの働きが弱くなることで、メラノサイトの働きと精力減退との間には何も関係がありません。

歳を取ってくると誰でも若い時に比べて精力は落ちてくるものです。これはちょうど白髪が出始める頃と重なります。つまり、白髪が生えてくる年代になってくると、精力も落ちてくるというだけです。下の毛(アンダーヘア)の白髪だけが特別な意味を持つわけではありません。

下の毛(アンダーヘア)の白髪=精力減退のサイン、というのはあくまでも噂として、あまり心配する必要はありません。変に心配すれば、その心配がストレス要因になり白髪を増やしてしまうことにもなります。

下の毛(アンダーヘア)の白髪の対処法

ハサミと毛抜き
下の毛(アンダーヘア)の白髪にはいくつかの対処法がありますのでご紹介します。

ハサミでカットする

量にもよりますが、下の毛(アンダーヘア)に白髪が見つかったときは、ハサミでカットするのが一番です。

白髪を1本1本つまんで、根元から丁寧に切りましょう。

量が多いならカミソリやヒートカッターなどを使う方法もありますが、少量の白髪の場合はハサミで切るのが、他の毛まで切ってしまう心配もなく処理も簡単です。

毛抜きを使って抜く方がいますが、抜くのはオススメできません。毛根を傷つけることもありますし、毛嚢炎などの炎症を起こしてしまう可能性もあります。

白髪染めで染める

下の毛(アンダーヘア)も白髪になる原因や黒く染めるメカニズムは頭髪と同じですので、白髪染めで染めることができます。

白髪染めを使って染めるときには、市販のヘアカラーを使うのは避けましょう。
ヘアカラーには化学染料やアルカリ剤など刺激物が使われており、デリケートゾーンに使用するのは非常に危険です。

もし下の毛(アンダーヘア)の白髪を染めるのであれば、無添加タイプのカラートリートメントがオススメです。お風呂で頭髪を染めるついでに下の毛も一緒に染められます。

ただし、多くの商品が頭髪専用をうたっていますので、購入前にはよく説明書きを読んで選ぶようにしましょう。

気にしない

これは何も解決策にはなりませんが、気にしないのも一つの方法です。

白髪は気にすればするだけストレス要因になり白髪を増やしてしまうことがあります。

女性であれば、下の毛の白髪は絶対許せないものかもしれませんが、男性であれば「白髪くらい生える」と割り切って過ごすのもありです。

普段はあまり気にせずに、ちょっと目立ってくればハサミで切る。くらいの対応が、精神的にもコスト的にも、また体への負担を考えても理想ではないでしょうか。

また生えた白髪をどう処理するかだけの目線ではなく、白髪自体を予防するために、白髪専用のサプリメントで髪や頭皮に必要な栄養を補給するのも良いでしょう。長期戦にはなりますが、下の毛の白髪だけでなく、頭髪の白髪のケアにもつながります。

白髪予防サプリ「ブラックサプリEX」を実際に試してみました。

2017.11.30

実際に使って比較してみました!男性用白髪染めランキング

ヘアカラーは強力に染まり色持ちも良く便利なものではあるのですが、どうしても髪や頭皮を傷めてしまいます。

白髪が出始める頃には、徐々に薄毛などほかの髪の悩みも増えてきますので、髪や頭皮には少しでもダメージは避けたいところです。ヘアカラートリートメントであれば、髪や頭皮を傷めることなく、髪を染めることができます。

これまで実際にさまざまなヘアカラートリートメントを試してきましたが、その中でも選んで間違いのないオススメのBest5をランキング形式でご紹介します。