ヘアカラートリートメントの白髪染めが人気の理由

たくさんの種類の白髪染めが販売されていますが、中でも特に人気があるのがヘアカラートリートメントタイプの白髪染めです。

ヘアカラートリートメントの白髪染めが人気の理由は、髪や頭皮を傷めることなく白髪染を染めることができるという点です。

刺激のある成分が入っておらず、天然の成分で染めるので、市販のヘアカラーでアレルギーが出た方や肌が弱い方でも安心して使うことができます。

今回は、ヘアカラートリートメントの人気の理由や、ヘアカラートリートメントを使うときに知っておきたいメリットやデメリットをご紹介します。

白髪染めの種類


白髪染めは大きく「酸化染毛剤」「半永久染毛料」「一時染毛料」の3種類に分類されます。

ヘアカラートリートメントはその中の半永久染毛料のひとつです。

ヘアカラートリートメントの特徴を知る前に、まずは白髪染めのそれぞれの特徴を見ていきましょう。

【酸化染毛剤】

酸化染毛剤は永久染毛剤の一種で、いわゆるヘアカラーやヘアダイを指します。ドラッグストアやスーパーマーケットでもよく見かける白髪染めで、一般的には2剤を混ぜ合わせることで化学反応を起こし髪を染色します。

メラニン色素を分解して脱色しながら髪の内部に色を入れるため、一度でしっかり染まり、1ヶ月~2ケ月ほど色がキープできます。脱色をしてからカラーを入れるので、暗い色だけでなく明るい色に染めることができるのも酸化染毛剤の特徴です。

ただし、染料の刺激が強く髪や頭皮を傷める可能性や、アレルギーのリスクがあるため、使用のたびにバッチテストを行う必要があります。

酸化染毛剤はこんな方におすすめ
  • 白髪をしっかり染めたい方
  • 髪色を明るくしながら染めたい方
  • コストをかけずに白髪を染めたい方
酸化染毛剤のこんなところに注意!
  • 刺激が強く髪や頭皮への負担が大きい
  • アレルギーやかぶれるリスクがある
  • 毎回パッチテストを行う必要がある

【半永久染毛料】

半永久染毛料は、染毛料の一種で白髪染めのカテゴリーでは化粧品に分類されます。ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントなどはここに分類されます。

酸化染毛剤と違い、メラニン色素を分解して髪を脱色することなく、髪の表面付近に色素を吸着させて染めるので、髪や頭皮を傷めることなく染めることができます。ただし髪を脱色せずに染めるため、もとの髪色よりも明るい色に染めることができません。

髪や頭皮を傷めずに安心して染められる反面、シャンプーなどによって徐々に色が落ちていき、色もちは1~2週間ほどと酸化染毛剤に比べるとどうしても劣ってしまいます。

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違い

同じ半永久染毛料に分類されるヘアマニキュアとヘアカラートリートメントですが、その違いはなんでしょうか。

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違いは、トリートメント成分の配合量の多いものが一般的にヘアカラートリートメントと呼ばれますが、それ以外にも使われている染料にも違いがあります。

ヘアマニキュアには、酸性染料(タール色素)が使用されています。酸性染料は分子サイズが大きいため、染料が髪の内部に浸透せず、髪の表面を染めるにとどまります。髪を傷めずに染めることができますが、髪の表面に染色しているだけですので色落ちしやすくなります。

ヘアカラートリートメントには、塩基性染料とHC染料が使用されています。いずれも2001年の化粧品規制緩和によって配合することができるようになった新しい染料です。

塩基性染料は分子サイズが大きく髪の内部に浸透せず髪の表面を染める染料で、ヘアマニキュアの酸性染料と同じような働きをします。HC染料は分子サイズが小さく、キューティクルを開かなくても髪の内部に浸透して染めることができます。

ヘアカラートリートメントは塩基性染料とHC染料の2つの染料を組み合わせることで色つきや色もちを高める工夫がされています。ヘアカラートリートメントの商品ページにも「Wイオンパワーの高い染色力」などと記載されていることがありますが、特別なパワーではなく、塩基性染料とHC染料を使った一般的なヘアカラートリートメントであることが多いです。

半永久染毛料はこんな人におすすめ
  • 髪や頭皮を傷めずに髪を染めたい方
  • 急激に印象を変えることなく白髪を染めたい方
  • アレルギーなどヘアカラーを使うことができない方
半永久染毛料のこんなところに注意!
  • 今の髪色よりも明るく染めることができない
  • 酸化染毛剤に比べ色もちが短く白髪染めの頻度が高くなる

【一時染毛料】

最後は一時染毛料(一時染め)です。一般的にはヘアマスカラや白髪かくしなどと呼ばれています。名前のとおり一時的なもので、白髪染めというよりは髪の表面に色を塗るというものです。

髪の表面に色を付けているだけなので、シャンプーによってすぐに色が落ち持続性はありません。

生え際にちょっと白髪が目立ってきたときや、急な外出や来客時など、白髪を一時的に隠したいときに便利に使えます。

一時染毛料はこんな人におすすめ
  • シャンプーや洗い流し不要ですぐに白髪を隠したい方
  • 忙しい朝に白髪を見つけた時の緊急用として使いたい方
一時染毛料のこんなところに注意!
  • 一時的に色を付けるだけなので効果は持続しない
  • 雨や汗で衣類や帽子に色移りや色落ちすることがある

ヘアカラートリートメントが人気の理由


上でもご説明しましたが、ヘアカラートリートメントは白髪染めの種類でいうとヘアマニキュアと同じく、半永久染毛料に分類されます。

ヘアカラートリートメントが人気である最大の理由は、髪や頭皮を傷めることなく白髪染を染めることができるという点です。酸化染毛剤のようにメラニン色素を分解することなく髪の表面に色を吸着させているため、髪や頭皮を傷めることなく染めることができます。

使うたびに徐々に色が入っていき、自然な感じで染められるため、イメージをガラリと変えたくないという男性にもおすすめです。

使い方はとても簡単で、お風呂でリンスやコンディショナーのかわりにトリートメントとしてヘアカラートリートメントを使うだけです。

酸化染毛剤のような鼻をつく嫌な刺激臭もなく、素手で染められるため手袋やケーブなどの準備も不要で、面倒なパッチテストも必要ありません。

もう一つヘアカラートリートメントの魅力は、頭皮や髪に優しいだけでなく、補修成分や美容成分などが配合されているため髪にツヤやコシを与え、使い続けることで髪や頭皮環境を改善しながら白髪が染めることができるという点です。

そのため、ヘアカラートリートメントは、白髪だけでなく髪のボリューム不足や薄毛など髪全般の悩みをお持ちの男性にも人気が高まっています。

良いことばかりのようなヘアカラートリートメントですが、メリットもあればデメリットもあります。

ヘアカラートリートメントのメリット

  • 髪や頭皮を傷めずに染めることができる
  • 髪にコシやツヤを与えてボリュームアップできる
  • イメージを変えることなく自然に染められる
  • お風呂のついでに簡単に染められる

ヘアカラートリートメントのデメリット

  • ヘアカラーと比べるとどうしても色もちが悪い
  • 今の髪色よりも明るく染めることができない
  • 染めた直後は枕に色落ちや色移りしやすい

さいごに

ヘアカラートリートメントが人気の理由は、髪や頭皮を傷めることなくお風呂で簡単に染められ、使い続けることで髪や頭皮が健康な状態に近づくことができる点にあります。

市販のヘアカラーを使っていてかゆみやかぶれなどのアレルギー症状が出てしまい、もう白髪染めが使えないという方でも、刺激となる成分が一切含まれていない無添加タイプのヘアカラートリートメントであれば問題なく使うことができます。

ヘアカラートリートメントはこんな方におすすめです

  • 髪や頭皮を傷めることなく白髪を染めたい方
  • 白髪以外にも薄毛など髪全般の悩みを持っている方
  • イメージを変えることなく、徐々に白髪を染めたい方
  • お風呂のついでに手軽に染めたい方

実際に使って比較してみました!男性用白髪染めランキング

ヘアカラーは強力に染まり色持ちも良く便利なものではあるのですが、どうしても髪や頭皮を傷めてしまいます。

白髪が出始める頃には、徐々に薄毛などほかの髪の悩みも増えてきますので、髪や頭皮には少しでもダメージは避けたいところです。ヘアカラートリートメントであれば、髪や頭皮を傷めることなく、髪を染めることができます。

これまで実際にさまざまなヘアカラートリートメントを試してきましたが、その中でも選んで間違いのないオススメのBest5をランキング形式でご紹介します。