女性だけの悩みじゃありません。男性にもできる肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)は女性だけの悩みではありません

気付いたら、頬骨や目尻の周りにぼやっと黒ずんだシミが広がっている。

左右に同じようにシミができているのなら、それは普通のシミではなく、肝斑(かんぱん)の可能性があります。

肝斑(かんぱん)というのは、顔にできる淡褐色のシミのことで、肝臓に形が似ていることから「肝臓の形に似た斑(まだら)」ということから肝斑(かんぱん)の名前が付けられています。

現れる場所としては、両方の頬骨のあたりや額、口周りなど、紫外線にあたりやすい箇所です。
ほとんどの場合は左右対称にでき、平たく広がったりすることもあります。

妊娠中の女性や出産後の女性などにできることが多かったりシミの濃さが強くなったりすることから、肝斑(かんぱん)は女性ホルモンのバランスと関係があると言われています。ホルモンバランスの崩れやすい30代~40代の女性に肝斑(かんぱん)の症状が多いのはそのためです。

女性ホルモンと言うと女性だけのものと思われるかもしれませんが、男性の身体にも女性ホルモンは存在しています。女性に比べるとその分泌量は少ないですが、健康の維持に重要な役割を果たす欠かせない存在です。

女性に比べると少ないですが、男性にも肝斑(かんぱん)の症状が現れることがあります。

男性の場合は、女性ほど肌への関心が高くないことから、肝斑(かんぱん)の症状が出ていても悪化するまで気にしないことも多いようです。

刺激によって悪化することもあり、洗顔後に顔をゴシゴシとこすってしまったり、自分で気づかないうちに悪化させてしまっている可能性もあります。

普段のスキンケアでも洗顔後の化粧水や美容液だけで済ませている方も多く、シミ対策までしっかりしている男性は多くないでしょう。

肝斑(かんぱん)があるだけで、不健康に見えたり、老けて見られることもあります。特徴や原因を知って、早めに治せるようケアしていきましょう。

肝斑(かんぱん)の特徴

肝斑(かんぱん)には主に次のような特徴が見られます。

  • 頬骨の辺りにできやすく、額、口周りなどにできる場合もある
  • 目の周りを避けるように目の下を縁取るように広がる
  • 淡褐色のような色のシミになっている
  • 顔の左右対称にシミが広がっている
  • 輪郭がはっきりせずぼやっと色が濃くなっている
  • 季節(紫外線量)によってシミが濃くなったり薄くなったりする

肝斑(かんぱん)とシミの違い

肝斑(かんぱん)もシミの一種ではありますが、一般的なシミが紫外線による光老化が主な原因であるのに対し、肝斑(かんぱん)はホルモンバランスの乱れが主な原因です。

肝斑(かんぱん)は左右対称にできることが多いですが、シミの場合は左右のどちらかにだけできることもあります。

また肝斑(かんぱん)は顔にしかできませんが、シミは顔だけでなく体にもできる場合もあります。

肝斑(かんぱん)ができる主な原因

肝斑(かんぱん)ができる原因は、実は明確に解明されているわけではありません。

妊娠中や出産後など女性バランスが急激に変化するタイミングで症状が出たりシミの色が濃くなることが多いことから、女性ホルモンと密接な関係があると考えられています。ただし、女性だけでなく男性にも症状が出ることがあり、女性ホルモンが全ての原因とは言い切れません。

肝斑(かんぱん)は、普通のシミと異なり、紫外線が発生要因になるわけではありませんが、紫外線によってシミが目立ちやすくなったり色が濃くなったりと肝斑(かんぱん)の悪化要因になります。

それ以外にも、ストレスなども影響することがあると言われています。ストレスを溜め込んだり不規則な生活をしたりしていることでホルモンバランスが崩れると、メラニン色素が生成されやすくなり肝斑(かんぱん)が発生しやすくなってしまいます。

できてしまった肝斑(かんぱん)の治し方

肝斑を気にする男性

シミの場合は紫外線が主な原因であることから、紫外線ケアをしたり、ハイドロキノン配合の美白化粧品などによって改善が期待できます。

肝斑(かんぱん)の直接的な原因は紫外線ではありませんが、紫外線は肝斑(かんぱん)を悪化させる要因でもあるため、紫外線ケアはもちろん有効です。また、ハイドロキノンもシミの原因となるメラニン色素の発生を抑制する働きがあり一定の効果が期待できますが、それだけでは十分とは言えません。

肝斑(かんぱん)の有効な対策として最も一般的なのが「トラネキサム酸」です。
トラネキサム酸は、肝斑(かんぱん)用の医薬品にも使われている成分です。アミノ酸の一種で、メラノサイトを活性化する因子をブロックする働きがあります。シミの原因となるメラニン色素の発生を抑制することで、肝斑(かんぱん)を薄くする作用があると言われています。

トラネキサム酸が配合されたものには、内服タイプの医薬品錠剤や、外用タイプの肝斑対策用化粧品などがあり、自分のスタイルに合ったものを選ぶことができます。

症状の悪化している方や早期に治療効果を得たい方は皮膚科で処方してもらうこともできます。

市販されている内服タイプの医薬品錠剤とトラネキサム酸配合の化粧品をいくつかご紹介します。
何から試してみればよいか分からない方は参考にしてください。

内服タイプの医薬品錠剤

第一類医薬品のため、薬剤師から説明を受けた上で購入します。服用することで効果が期待できますが、反面、副作用や服用中の薬との飲み合わせに注意が必要です。

●トランシーノⅡ(第一類医薬品)
現時点で日本国内で購入できる唯一の肝斑改善薬。第一三共ヘルスケアから販売。
公式サイトで詳しく見る

外用タイプの肝斑対策用化粧品

トラネキサム酸が配合された化粧品です。肝斑(かんぱん)が気になる部分に直接塗って使います。
医薬品の服用が不安な方はこちらの化粧品を試してみてください。

●アルバニア ホワイト二ングクリーム(医薬部外品)
有効成分「トラネキサム酸」「グリチルレチン酸ステアリル」配合の美白クリーム。
公式サイトで詳しく見る

●プレミアムベルエタンセル(医薬部外品)
有効成分「トラネキサム酸」「アルピニアカツマダイ種子エキス」配合の美白クリーム。
公式サイトで詳しく見る


メンズオールインワンジェルの水分量を実測した結果は?

スキンケアを面倒に感じる男性に強い味方【オールインワンジェル】。

オールインワンジェルなら、化粧水・乳液・美容液・クリームなどいくつもの化粧品を使い分けなくても、一つで全て済ますことができます。

とは言えオールインワンジェルの商品も数が増えてきて、何を基準にどの商品を選べば良いか迷うメンズも多いはず。

今回は数あるメンズ向けオールインワンジェルを実際に使ってみて、スキンチェッカーによる水分量や使用感、肌への刺激、コストなど8項目で分かりやすく比較してみました。