【男性のシミ取り】できてしまったシミを消す・薄くする方法と今後の予防法

顔のシミを気にする男性

若い頃には全然気にならなかった顔のシミ。

いつの頃からか知らないうちに顔にシミが増えてきたなぁ…。

普段鏡を見ているときにあまり気にしていなくても、写真などで客観的に自分の顔を見ると、こんなにシミが多かったのかと驚くこともあります。

男性のシミは女性に比べ大きく、その色も濃いのが特徴。

シミはそのまま放置してしまうと、どんどん大きく増えてきますので、男性でもシミの予防や対策が欠かせません。

今回は、男性のシミ予防法やできてしまったシミに対する対策など、詳しくご紹介します。

シミの一番の原因は「紫外線」

強い紫外線

一般的なシミは「老人性色素斑」によるもので、年齢に比例するように目立ってきます。

その一番の原因となるのは、浴びてきた「紫外線」の蓄積によるものです。

肌は正常な状態であれば、ターンオーバーが正常に行われ、古い角質とともにメラニンが表皮に押し上げられ垢と一緒に排出されていきます。

長年紫外線を浴びた肌は、ターンオーバーの機能が低下してしまい、メラニンを排出する力が弱まり肌の内部にとどまるようになります。この排出されずに残ったメラニンが蓄積され、色素沈着することでシミの原因になってしまうのです。

健康な肌とシミのある肌のイメージ
健康な肌とシミのある肌

また、男性の場合は髭剃りをしている方がほとんどだと思いますが、髭剃りによっても肌の角質層がダメージを受けてターンオーバーの乱れの原因になっていることもあります。

男性の場合、日焼け止めが習慣になっていない方も多いと思います。プールや海などに行くときはしっかり日焼け止めを塗るという方でも、普段外でスポーツをするときや外回りの仕事中にもUVケアを考えているという方は多くないと思います。

日差しを浴びている時間が長いと気付かないうちに紫外線を肌に蓄積させてしまうことになり、気を付けていないとシミができやすい状態になってしまいます。

何年もスキンケアに無頓着だったという方などは、それまでの蓄積によってシミができやすい状態になっていることになります。

できてしまったシミを消す方法・対策

シミは一度できてしまうと消すのは簡単ではありません。

かといってクリニックでシミ取りレーザー治療をするのは抵抗もありますし、何よりも費用も時間もかかってしまいます。

そこまで本格的なものではなくても良いので、まずは自分でできることからシミ対策をやってみたいという方も多いのではないでしょうか。

できてしまった男性のシミに対して、まずはすぐに自分でできる3つの対策をご紹介します。

シミ消し対策①シミ消しクリームを活用

一つ目のシミ消し対策は、シミ消しクリームの活用です。

シミ消しに有効な成分が配合され、効率的に色素沈着を目立たなくすることができます。

シミ消しクリームを選ぶときは、厚生労働省に認可されている「美白有効成分」が配合されたものを選ぶと効果的です。

美白有効成分にも種類があり、主に次の3つのアプローチでメラニンへ働きかけます。
ぞれぞれの成分によって、シミを予防するのが得意、できてしまったシミを薄くするのが得意、といったように働きかける効果に違いがあります。

シミへの3つのアプローチ

  • メラニンの生成を抑制する成分・・・メラニンの生成を抑えシミを予防
  • メラニンの排泄を促進する成分・・・ターンオーバーを整えメラニンを排泄
  • メラニンを還元する成分・・・シミを無色化して薄くする

厚生労働省が認可する主な美白有効成分をご紹介します。

厚生労働省が認可する主な美白有効成分

  • ビタミンC誘導体・・・メラニン[生成抑制][排泄促進][還元]
  • アルブチン・・・メラニン[生成抑制]
  • プラセンタエキス・・・メラニン[生成抑制][排泄促進]、保湿効果
  • コウジ酸・・・メラニン[生成抑制]
  • エラグ酸・・・メラニン[生成抑制][還元]
  • リノール酸・・・メラニン[生成抑制][排泄促進]
  • トラネキサム酸・・・メラニン[生成抑制]

これらの成分以外にも、美白有効成分としては認可されていませんが「ハイドロキノン」という成分もシミ対策としては選択肢になってきます。できてしまった濃いシミを薄くする美白作用が強い成分で高い効果が期待できますが、反面、白斑や肌トラブルのリスクもありますので使用には注意が必要です。

また、男性の肌は女性に比べ水分量が少ないなど、男性特有の肌事情もありますので、最初はメンズ用のシミ消し対策クリームを選ぶのがおすすめです。

おすすめは美白成分に加えてピーリング成分が配合されているもの。古い角質層を除去して、メラニンの排泄を促進することができるので、早く効果を実感したい人にはぴったりです。

\おすすめは医薬部外品のコレ/
ピールショット

ピールショットの口コミ評判は?実際に使ってシミ取り効果をレビュー

ピールショットの口コミ評判は?実際に使ってシミ取り効果レビュー(写真付き)

2020年6月15日

シミ消し対策②内服薬やサプリメントを活用

2つ目のシミ消し対策は、身体の内側からのアプローチです。

内服薬やサプリメントを使用して、シミ消しに効果的な栄養・成分を体内に摂り入れます。

肌のターンオーバーを正常化することで肌の新陳代謝を高め、できてしまったシミを追い出し、抗酸化成分で体内の酸化を予防します。

食事だけでは不足しがちな栄養や、ビタミンCのように体内で合成できず、また摂取しても体内に留めておくことができない栄養も、内服薬やサプリメントなら効率的に摂取することができます。

シミ消しに摂取したい栄養素・成分

  • ビタミンA・・・肌の代謝を促進しターンオーバーを正常化
  • ビタミンB群・・・肌の代謝を促進しターンオーバーを正常化
  • ビタミンC・・・メラニンの生成抑制・排泄促進・還元
  • ビタミンE・・・血行促進作用、肌の老化を防ぐ抗酸化作用
  • L-システイン・・・メラニンの生成抑制・排泄促進

シミ消し対策③シミ隠しで目立たなくする

3つ目のシミ消し対策は、化粧品や美容アイテムを使ったシミ隠しです。

シミ隠しに使えるのが、部分用ファンデーションと言える「コンシーラー」です。シミが気になる部分にピンポイントで塗ってシミを隠します。

最近は男性向けのメンズコンシーラーも種類が増え、顔を明るく見せてくれるものや、紫外線カットもできるもの、毛穴を目立たなくする機能も付いたコンシーラーもたくさん販売されています。シミ以外にも気になるスキンケアがあれば一緒に対策することができます。

ただしシミを消すような根本的な解決策ではありませんので、あくまでも一時的に隠す・目立たなくするための方法です。

シミ消しクリームや内服薬などシミを消す・薄くする根本的な対策が重要ですが、一度できたシミはなかなか消えてくれません。新しいシミができないよう予防し、根本対策でシミを消す努力をしながら、いま目立ってしまっているシミはコンシーラーで隠す、というのが理想的な使い方です。

\自然な感じにシミを隠すならコレ/
メンズ専用 NULLBBクリーム

シミを予防する方法

シミ予防の一番は紫外線対策

男性のUVケア

男性のシミ予防には、何よりも「紫外線」対策が重要です。

男性は女性のように化粧をしませんので、紫外線に対して肌は非常に無防備な状態と言えます。

屋外に出るときはUVケアを意識して、紫外線を受けないように注意することが必要です。

紫外線対策は、ありきたりではありますが、日焼け止めを活用するのが一番効果的です。

露出している部分に日焼け止めをしっかり塗っておくことで、紫外線を防ぐことができます。

シミができやすい肌はターンオーバーが乱れていることが多く、なるべく肌への負担は減らしたいもの。日焼け止めを塗るにしても注意が必要です。

日焼け止めを選ぶときは、SPFは50といった高いものではなく、10~20程度のものを選び、手間ではありますがマメに塗りなおした方が肌への負担は抑えられます。

紫外線吸収剤をつかっているものも一般的に肌への負担が大きいと言われていますので、紫外線散乱剤を使っているタイプを使うと肌への負担を減らすことができます。

また、仕事中に帽子をかぶるのは難しいですが、レジャーの際など、可能なときにはなるべく帽子をかぶることでも紫外線を防ぐことができます。

髭剃りを見直そう!正しいシェービング方法

T字カミソリで髭剃りをする男性

髭を伸ばしている方を除いて、多くの男性は毎日髭剃りをしていると思います。

正しい髭剃りをしていないと、肌の角質層にダメージを与えてしまうことになります。

通常古い角質は一定周期で自然と剥がれ落ちていくものですが、間違った髭剃り方法を続けていると、髭だけでなく角質も一緒に剥ぎ取ってしまいます。

そうすると肌の保湿効果も低下し、ターンオーバーの乱れの原因になり、結果的にシミを増やしてしまう原因にもなってしまいます。

髭剃りの選び方

髭剃りをするときはT字カミソリか電気シェーバーのどちらかを使っている方が多いと思いますが、直接刃を肌に当てるT字カミソリの方が肌への負担は大きく、角質層の保護の面では電気シェーバーのほうが肌にやさしいと言えます。

T字カミソリを選ぶときは、5枚刃や6枚刃など刃の数の多いタイプを選ぶと、何度も肌を往復させなくても剃ることができ、肌への負担を減らすことができます。

電気シェーバーを選ぶときは、肌への負担の少なさを謳った製品を選ぶと良いでしょう。

Philips(フィリップス)社の回転式シェーバーは特に肌への負担が小さいと言われています。

正しいシェービングのやり方

T字カミソリを使うときはシェービングフォームやジェルを使って、髭を前もって柔らかくしてカミソリが肌をすべり髭だけを剃れるように準備します。

髭剃り(シェービング)では、まずは肌に負担をかけないように髭の向きと同じ方向(順剃り)に剃っていきます。どうしても順剃りで剃り残ってしまった部分があれば、その部分だけ髭と反対向き(逆剃り)に剃ってしまいます。

切れ味の落ちた刃でシェービングすると肌への負担が大きくなりますので、まだ剃れる状態だと思っても早めに新しい刃に付け替えます。

使用頻度にもよりますが、T字カミソリでは2~3週間ごと、電気シェーバーの場合は外刃は約1年、内刃は約2年ごとが交換の目安です。

髭剃りが終わったら、アフターシェーブローションで保湿をしっかりとして乾燥しないようにしておきましょう。

保湿で肌のターンオーバーを整える

乾燥による肌の水分不足は、ターンオーバーの乱れの原因になってしまいます。

実は男性の肌は女性に比べ水分量が少ないと言われています。

男性の肌は皮脂量が女性の肌よりも3倍多いにもかかわらず、保水力が弱く、水分量自体は女性の肌の半分ほどしかありません。

さらに、髭剃りなどで毎日角質層を削り取っていることや、女性ほど保湿ケアに時間やエネルギーを割いていないことも要因になっています。

洗顔をした後やシェービング後には、しっかり保湿をすることでターンオーバーを整えることが大切です。

保湿には、化粧水だけではなく、乳液(できれば+美容液)を使います。

化粧水だけで保湿をしている方もいますが、化粧水だけではすぐに水分は蒸発してしまいます。オイル分を含んだ乳液でフタをすることで水分を肌の内部に閉じ込めることができます。

洗顔後に色々なスキンケア製品をあれもこれも使うのが面倒な方にはオールインワンタイプがおすすめです。オールインワンタイプなら1つで全て済ませられますので、時短にもなりし、何よりもスキンケアが面倒に感じる男性でも続けやすいでしょう。

メンズオールインワンジェル比較

メンズオールインワンジェルおすすめランキング!肌の水分量実測結果

2018年7月23日
顔のシミを気にする男性

メンズオールインワンジェルの水分量を実測した結果は?

スキンケアを面倒に感じる男性に強い味方【オールインワンジェル】。

オールインワンジェルなら、化粧水・乳液・美容液・クリームなどいくつもの化粧品を使い分けなくても、一つで全て済ますことができます。

とは言えオールインワンジェルの商品も数が増えてきて、何を基準にどの商品を選べば良いか迷うメンズも多いはず。

今回は数あるメンズ向けオールインワンジェルを実際に使ってみて、スキンチェッカーによる水分量や使用感、肌への刺激、コストなど8項目で分かりやすく比較してみました。