ミクロゲンパスタの口コミ・レビューが少ない理由は?髭に塗った実際の使用感は?

ミクロゲンパスタの口コミ・レビューは少ない?髭に塗った実際の使用感は?

ミクロゲンパスタを実際に使ってみたレビュー記事です。

髭の育毛剤として有名な「ミクロゲンパスタ」。

海外製で探せばいくつかありますが、知る限り、日本国内で生産されている髭用育毛剤としては唯一の製品だと思います。

ネットで「髭を濃くする方法」「ヒゲが薄い悩み」などで検索するとよく出てくるので、知っているという方も多いのではないでしょうか。

ただ、具体的な情報はあまり多くなく、実際にミクロゲンパスタを使用しているという方でも、女性が眉毛に使っているケースが多く、実際に髭に使っている情報はほとんど見あたりません。

効果や効能、成分など表面的なことは公式サイトに書かれていますが、匂いやテクスチャー、塗った感じなどは実際に使ってみないと分からない部分も多々あります。

薬機法(旧薬事法)の関係上、効果自体をレビューすることはできませんが、可能な範囲で実際に使っているリアルな使用感をお伝えしたいと思います。

ミクロゲン・パスタは第1類医薬品です。
治療または予防を目的にされているもので、副作用や相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するもの。
購入にあたっては、薬剤師による説明を受けたうえで購入が可能になります。ネット通販も可能ですが、薬剤師による適正使用の確認が必要です。

ミクロゲンパスタの口コミ・レビューはない?

ミクロゲンパスタの口コミ

啓芳堂製薬という会社が製造販売しているのですが、公式サイトによると1953年(昭和28年)に販売が開始され、70年近くも販売され続けている超ロングセラー製品のようです。

ただ、amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなど通販サイトを見ても、口コミやレビューは1件も書かれていません。

これは薬機法(旧薬事法)の禁止事項に該当するためです。2014年6月以降、医薬品の商品レビューの表示が禁止となったため、新しい口コミの書き込みだけでなく、過去の口コミ・レビューについても表示されなくなっています。

販売を伴わない口コミサイトやQ&Aサイトでは口コミ・レビューが見られますが、数自体は多くなく、またあっても眉毛に使用している方が多く、髭育毛に使用している口コミ・レビューはほとんど見つけることができません。

ミクロゲンパスタの使用感

ミクロゲンパスタの実際の使用感をご紹介します。

匂いが特徴的な点など、使う前に知っておきたい情報もありますので、参考にしてみてください。

ビフォー・アフターなどの写真も掲載したいところですが、効果を示す写真などは掲載できませんので、使用感のみご紹介したいと思います。

匂いは?

ミクロゲンパスタを手に取ったところ

匂いは正直かなり強めです。

表現はしにくいですが、昔ながらの散髪屋さんのようなオジさん臭い匂いがします。

あえて大人ぽい香り付けがされているようですが、好みが分かれそうです。

鼻の近くに塗るうえに、塗った後もしばらく匂いが続くので、匂いが苦手な方であれば「髭を濃くする」ためにと割り切って我慢が必要になります。

使用方法によると、1日1~2回の使用となっています。朝晩の使用が想定されていると思いますが、朝は使いにくい印象。特にこれから外出するという場合は避けた方が無難です。

私の場合は、1日1回、夜入浴後に塗って、少し乾かしてから寝るような使い方をしています。

最初は気になった匂いも、使っているうちに慣れてくるのか、気にならなくなってきます。

クリームの硬さは?

ミクロゲンパスタのテクスチャーは?

クリームは少し硬めのテクスチャーです。

手の平に少し出して伸ばしてみましたが、油分が少し多めのしっかりしたクリームです。

薄く伸ばさないと白く浮いた状態になります。

塗った感じは?

ミクロゲンパスタを顎に塗ってみました

あご周りと鼻の下にミクロゲンパスタを塗ってみました。

ちなみに髭はT字カミソリを使って毎日剃るようにしています。(都市伝説かもしれませんが、電気シャーバーよりもT字の方が適度な刺激になって発毛が促進されるらしいです)

少し硬めのクリームで、伸びは良くもなく悪くもなく、いたって普通です。

使用方法によると、1回に使う量は0.1g(小豆粒大)~0.3gとなっていますが、あまり量を付け過ぎると白くなります。最初は少なめにして、塗り残した部分に追加でクリーム出していくと白くならずに使えます。

気になったのが「ベタつき」。
ワセリン系のクリームのようで、塗ったあとはしばらくベタベタが残っています。

テカるわけではないので見た目は気になりませんが、触るとクリームが手についてしまいます。

肌への刺激はない?

塗った部分に刺激や違和感を感じることはありませんでした。

髭剃り直後なので多少スースーする感じはありますが、ヒリヒリすることはなく、また赤くなったり痒くなるようなこともありませんでした。

ただし、口周りは肌が薄く刺激を受けやすい部分なので、どんな塗り薬でも化粧品でも最初に使うときは注意が必要です。ミクロゲンパスタの使用上の注意にもパッチテストについて書かれていますので、よく読んでから使ってください。

ミクロゲンパスタは髭にどんな効果があるの?

付属している「使用上の注意」によると、ミクロゲンパスタは【顔とからだの〈毛〉の生育に塗って効く育毛剤】と書かれており、以下のような効果・特徴があるとのこと。

ミクロゲン・パスタは,二種のテストステロン(男性ホルモン)を主成分とした,吸収されやすいクリーム状の外用育毛剤で,まゆ毛,ヒゲ,胸毛,腋毛,性毛など,頭髪以外の部分に生えるべき硬毛の生育促進に,塗って効果をあらわすものです。

簡単に言えば、「クリーム化した男性ホルモンを塗ることで【体毛】の生育を促進する効果」を得るもの。

髭や胸毛など、いわゆる〈性毛〉は男性ホルモンと大きな関係があることが分かっており、この男性ホルモンを体内に吸収させることで生育を促すというのは、理論的には効果が期待できそうな気がします。

ミクロゲンパスタの副作用・使用の注意点

ミクロゲンパスタは第1類医薬品に分類される薬です。

第1類医薬品とは、治療または予防を目的にされているもので、副作用や相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するものと定義されています。

つまり効果が期待される反面、副作用のリスクもあるということです。

購入するときも、薬剤師による説明が必要です。ネット通販も可能ですが、薬剤師によるメールでの質問等、適正使用の確認が必要となります。

頭髪への使用は絶対やめて!

使用上の注意は事前に確認する必要がありますが、特に注意をしたいのが、頭髪への使用です。

男性ホルモンの元である「テストステロン」は、髭や胸毛などの生育促進に役立つのですが、テストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びついて「ジヒドロテストロン」を生成することが知られています。

「ジヒドロテストロン」は毛髪の元となる毛母細胞の働きを阻害する作用があり、AGA(男性型脱毛症)の原因となります。

テストステロンが主成分であるミクロゲンパスタを頭髪や頭皮に使用してしまえば、毛を生やすどころか薄毛の原因にもなってしまいます。

髭も頭髪も同じ〈毛〉だからと思って間違って使ってしまうと悲しいことになってしまうかもしれません。頭髪や頭皮への使用は絶対に避けましょう

まとめ

今回は、あまり情報のないミクロゲンパスタについて、実際に塗ってみた使用感、期待される効果、副作用・注意点などをご紹介しました。

匂いが強い、ベタつく、といった点に注意が必要ですが、ロングセラーの国産髭育毛剤。
髭を濃くしたい方、生えている範囲が狭くヒゲデザインしにくいと思っている方など、髭に悩みをお持ちの方は使用を検討してみてください。

最後に、効果までの期間についてですが、使用上の注意に次のように書かれています。

ミクロゲン・パスタは即効性ではなく,一般的には1ヵ月から2~3ヵ月くらいの連続使用が必要とされています。しかし,効果には個人差があるので,1~2ヵ月続けて使用しても反応が認められないような場合には,期待するような効果を得られないことも考えられますので,それ以上のご使用はおすすめできません。

毛の生え変わるサイクルもあるので当然即効性は期待できませんが、1~2ヵ月で継続使用の判断ができるので、試してみる価値はありそうです。

※販売ページにも使用上の注意が掲載されていますので購入前によく確認してください。

ミクロゲンパスタの口コミ・レビューは少ない?髭に塗った実際の使用感は?