ダイソーの白髪染めシリーズ。生え際白髪に簡単に塗れる白髪隠し

100均ダイソーで見つけた白髪隠し

先日、100均ダイソーに行ったときに、白髪染めが置いてあるのを見つけました。以前から置かれていた商品のようですが、ヘアケアのコーナーを見る機会が少なく、今まで気付きませんでした。

先日ご紹介した「週に一度の白髪染め&トリートメント」はカラートリートメントタイプですが、今回は白髪隠しタイプの「ダイソー白髪タッチ」と「ダイソー白髪隠し」という白髪染めです。

実際に使ってみましたので、商品の概要や使い勝手などをご紹介します。

4/13追記 「ダイソー白髪タッチ」は自主回収商品になりました。

販売元のサンパルコ社からの発表文抜粋
http://www.sunpalko.com/20180413_recall1.pdf

「エバビレーナ白髪タッチ」
自主回収に関するお詫びとお知らせ

この度、弊社が輸入し、ダイソー店舗で販売いたしました白髪染め製品「エバビレーナ白髪タッチ」から、「ホルムアルデヒド」が検出されたことが、弊社による自主検査にて判明いたしました。
検出された「ホルムアルデヒド」は微量で、現時点におきまして健康被害の報告はございませんが、国の化粧品基準では配合が認められていない成分であり、お客様のお手元に当該製品がございましたら、直ちにご使用を中止していただくようお願い申し上げます。

ダイソー白髪タッチ

ダイソー白髪タッチ
一つ目は「ダイソー白髪タッチ」です。
白髪タッチも白髪かくしも同じタイプの白髪染めですが、白髪タッチはマスカラタイプです。

スティックの先に渦巻き状の細い毛が付いていて、白髪が気になる部分になぞって塗るだけで簡単に白髪を隠すことができます。塗ってすぐに乾き、染めた後の洗い流しも不要です。

白髪隠しは一時染料のため、塗ったその日だけの一時的な効果で、シャワーで髪を洗えば色落ちしてしまいます。

※「ダイソー白髪タッチ」は自主回収商品になりました。

ダイソー白髪タッチのカラー

ダイソーの白髪タッチのカラーは「ブラック」「ダークブラウン」「ブラウン」の3色設定。

染料には、顔料のカーボンブラックと赤404、黄205などのタール色素が使われています。エタノールが主成分のためか匂いはかなり強く感じます。

ダイソー白髪タッチの使い方

  • 容器をよく振ってから、ネジになっているブラシを外します
  • ブラシで白髪が気になる部分にあてて、滑らすように塗ります
  • 速乾性ですが、念のため数分触らずに置いて完了!
  • シャンプーで洗い流せばきれいに色が落ちます

※敏感肌やアレルギー体質の方は、念のためアレルギー反応が出ないか事前にパッチテストが必要

ダイソー白髪タッチを使った感想

白髪タッチを使ってみたところ
ダイソー白髪タッチを使ってみました。カラーは定番のブラックにしました。

まず気になったのが匂いです。ヘアカラーのような刺激臭ともまた違いますが、揮発性の強い匂いがします。

アレルギー体質はありませんが、肌に刺激が強そうなので念のためパッチテストは30分だけ実施しておきました。

白髪染めをさぼっていたため、耳上からこめかみの生え際周りに白髪が多く生えています。白髪タッチの実験にはちょうど良い具合に白髪が目立っています。

白髪の部分に塗るだけですので使い方自体は簡単なのですが、こめかみ辺りは髪が短いため、女性の髪のように髪先を持ちあげて根元に塗ることができず、生え際に塗ろうとすると地肌に着いてしまいます。地肌に付着すると少しヒリヒリします。

液体タイプで色伸びは良いのですが、地肌にも液が広がってしまいやすく、髪だけに上手に塗るには慣れが必要に感じます。

ダイソー白髪かくし

ダイソー白髪かくし
「ダイソー白髪かくし」も、白髪タッチと同じく白髪が気になる部分に塗るだけで、簡単に白髪を隠すことができます。

こちらは、形状が違って固形の口紅タイプです。

ダイソー白髪かくしの概要

ダイソーの白髪かくしのカラーは「ブラック」「ダークブラウン」「ブラウン」の3色設定。

染料には、タルク、カオリン、酸化チタン、酸化鉄などの顔料が使われています。匂いはわずかにありますが気になるほどではありません。

製造元を見ると、白髪タッチも白髪かくしも同じ会社で、サンパルコという化粧品メーカーが作っています。聞き覚えのあるメーカーではありませんが、大手メーカーのOEMを数多く手掛けている会社のようです。

ダイソー白髪かくしの使い方

使い方は特に説明も必要ないくらい簡単です。

髪を軽く押さえて、地肌につかないように注意しながら、白髪が気になる生え際になでるように塗るだけです。

ダイソー白髪かくしを使った感想

白髪かくしを使ってみたところ
カラーはダークブラウンを使いました。ブラックが欲しかったのですが残念ながら在庫切れ。

髪をつまんで地肌につかないように塗りますが、髪が短いのでどうしても地肌に少しはついてしまいます。固形タイプなので色付きは白髪タッチに比べれば弱めです。

地肌についても指でこすると色が落ちますので、多少しっかり塗っても問題がありませんでした。

髪の長い女性であれば白髪タッチのほうが伸びが良く使いやすいかもしれませんが、髪の短い男性の場合は、地肌につきにくい白髪かくしの方が使いやすい印象です。

どちらも100円で買えてこのクオリティーはさすがダイソーと言えます。

会社に一本置いておけば、来客や外出などちょっと白髪が気になったときでもさっと白髪を隠すことができます。液こぼれすることもないので、旅行などでも一本あれば活躍しそうです。


実際に使って比較してみました!男性用白髪染めランキング

ヘアカラーは強力に染まり色持ちも良く便利なものではあるのですが、どうしても髪や頭皮を傷めてしまいます。

白髪が出始める頃には、徐々に薄毛などほかの髪の悩みも増えてきますので、髪や頭皮には少しでもダメージは避けたいところです。ヘアカラートリートメントであれば、髪や頭皮を傷めることなく、髪を染めることができます。

これまで実際にさまざまなヘアカラートリートメントを試してきましたが、その中でも選んで間違いのないオススメのBest5をランキング形式でご紹介します。