もみあげの白髪に悩んでいる人は意外と多い?上手に染める方法はコレ!

白髪はいつか生えてきてしまうものですが、今は男性でも行きやすい美容院もたくさんありますし、市販の白髪染めも種類が増えて、白髪ケアをするのはそう難しいことではありません。

しかし、この白髪、もみあげの部分だけ多く生えてしまい、目立つし、染めにくいしと悩んでいる人が結構多いのです。これを読んで「そうそう!」なんて頷いている人もいるかもしれません。

そんな悩んでいる人の多いもみあげの白髪のこと、染めにくい理由やきれいに染める方法を調べてみました。

もみあげに白髪が多く生えるのはなぜ?

髪の毛に白髪が生えてくる条件はどこも同じ様に見えますが、もみあげにはなぜか白髪が固まっているという人が多いのです。その理由はいくつかあります。

眼精疲労

最近はパソコンやスマホで目を酷使している人も多いと思いますが、やはり目には多くの負担がかかっており、眼精疲労に繋がります。

働き盛りの30~40代の男性にとって、パソコンやスマホは生活から切り離すことが難しい人の方が多いでしょう。

眼精疲労があると、血行が悪くなるのですが、目の周りということもあって、近い場所にあるもみあげに影響が出てしまうのです。

血行が悪くなって酸素や栄養が十分に行き渡らず、髪の色となるメラニン色素が正しく生成されず、結果白髪になってしまいます。

スキンケアやヘアケア製品

最近は男性でも、スキンケアをしっかりしている人や、ヘアスタイリングにワックスやジェルなどを使っている人が増えていますが、30~40代の男性といえば、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも特にオシャレに気を遣っている年代といってもいいでしょう。

肌や顔をきれいにしているはずのこれらのアイテムですが、肌に負担をかけていたり、すすぎ残しがもみあげ部分に残っていることが白髪の原因になってしまっている場合があります。

金属アレルギー

少数ですが金属アレルギーも白髪の元になっている場合があります。

自分では気づかなかったけど、実は金属アレルギーでメタルフレームの眼鏡、歯科金属などで白髪が増えている場合もあります。

もみあげの白髪が自分で上手く染められないのはなぜ?

固まって白髪が生えがちなもみあげですが、自分で染めると他の箇所に比べて白髪が染まりにくいと感じている人もいるでしょう。

なぜ、もみあげは上手く染まらないのでしょうか?

もみあげが上手く染まらないのはずばり薬剤をしっかりつけられていないことに原因があります。

髪の毛とはちょっと違って、顔に近い部分でもあるので、染める際にはちょっと躊躇してしまいがちです。しかも男性の場合は耳周りは刈り揃えて短めの毛が多いので、つけにくいということもあります。

また、髪の毛に使用しているヘアケア製品がもみあげ部分には残っていて、それによって髪がコーティングされていて色が浸透していないというケースもあります。

さらにせっかく綺麗の染まった場合でも、顔を洗うことで色が抜けやすいということもあり、もみあげ部分に関しては他の部分の髪よりも染めるのが難しいということがわかります。

もみあげの白髪を上手く染めるコツ


染まりにくいし、色落ちしやすいもみあげの白髪ですが、できるだけ上手に白髪を染めるコツがありますので、次の染める機会までに覚えておきましょう。

まず染める前に、もみあげについているヘアケア製品はきちんと落としておく様にします。

一番大事なポイントは白髪染めの量です。毛を寝かせるくらいたっぷり目に薬剤をつけて行きます。もみあげの箇所に薬剤をつける際には、ブラシや目の細かいクシを使いましょう。

もみあげだけでなく髪全体を染めるのであれば、極力放置時間が長くなるよう、もみあげを最初に塗布していきます。

しっかり薬剤を塗ったら、髪の毛をラップで包み、浸透する様に密封してラップ内が暖かくなる様にすると染まりが良くなります。

指定の時間を放置したら洗い流しますが、まずは手に水をとって薬剤と水と馴染ませる様にしましょう。乳化させたら、しっかりシャワーで洗い流します。

タオルドライの後はドライヤーを使って髪をしっかり乾かします。

ドライヤーをせず自然乾燥をしている方もいますが、濡れたままの髪でいると頭皮が冷えてしまい、血行が悪くなり、メラノサイトの働きを阻害し結果白髪になりやすくなります。また、ダメージや頭皮の匂いの元になってしまいます。

もみあげの白髪は30~40代の男性にとってはどうしても生活習慣によって、多く生えてしまいがちなのですが、できるだけ綺麗に染める方法を知ることで、気になる白髪を少しでも良い状態に保つことができます。ぜひお試しください。


実際に使って比較してみました!男性用白髪染めランキング

ヘアカラーは強力に染まり色持ちも良く便利なものではあるのですが、どうしても髪や頭皮を傷めてしまいます。

白髪が出始める頃には、徐々に薄毛などほかの髪の悩みも増えてきますので、髪や頭皮には少しでもダメージは避けたいところです。ヘアカラートリートメントであれば、髪や頭皮を傷めることなく、髪を染めることができます。

これまで実際にさまざまなヘアカラートリートメントを試してきましたが、その中でも選んで間違いのないオススメのBest5をランキング形式でご紹介します。